Sonar Members Club No.36

Since July 2013

寒い国からの帰国者

2022 DEC 18 12:12:55 pm by 西 牟呂雄

 先般、長年ロシアに居住していた古い友人が一時帰国した。彼は現地のさる団体の理事であり、この『特殊作戦』遂行中の環境でも踏み止まっていたのだが、久しぶりにあったところゲッソリとやつれていた。やはり相当のストレスを抱えているのだと拝察した。
 曰く、ロシアのニュースばかりを聞いているとおかしくなってくる。幸い彼の場合は西側のニュースにも触れることができるので、バランスは保てているつもりだが、盗聴はされているはずなので滅多な批判を控えていると次第にロシア寄りになっていく気がする、と。以下、要点のみ。

・生活していく上での不都合は何もなく、経済制裁は効いていない。物価も安定しており特殊作戦推進中の実感は乏しい。日本食もいつでも食べられる。
・中国、インド、アフリカ諸国、南米等は制裁どころか非難決議にも加わっていない。むしろ安部ープーチンの関係をよく知るロシア人にとって、日本が制裁に加わる方が違和感があるらしい。
・元総理の暗殺はロシはアでも大きく取り上げられ、SNSなどではアメリカの陰謀説が流れもしたらしい。
・ロシアが孤立を深めている、と報道されるようだが、上記インド、中国、とは良好な関係であり欧米とはさすがに距離感はあるものの、人口比で言えば孤立ということにはならない。
・反戦デモは全力で抑え込む。体制転覆の気配は感じられない。ロシアは一党独裁ではないが、革命が起きる可能性はまずゼロ。
・仮にクーデターなどが起きてしまったら、返って『こんな甘っちょろいことでは勝てない』とするもっと強硬な人物が出てしまう方が心配される。
・心あるロシア人は本当に嘆いている。世界中に恥ずかしい、何という事をしてくれるんだ、と悲憤慷慨しているが、表立っての発言には気を使っている。
・核の恫喝はそんなに心配することはない。使った場合は孤立どころではないことはさすがに分かっている。
・戦争はやるべきものではないことを前提に言うが、この作戦のマズさ加減は初期にキーウを攻略しきれなかったことに尽きる。首都を潰して新政権を立てて終ろうと考えたのだろう。
・そもそももう8年も小競り合いをしていて膠着状態だった。その均衡を煽りに煽ったのはアメリカである。ここがロシア寄りと非難されるところだろうが、NATO入りはターニング・ポイントで、いくらなんでもやめろと言っていればこうはならなかったはずだ。
・そもそもウクライナは上から下まで腐敗した政府しか作れなかった国だった。クリミアをどうこう言うが元はと言えばタタール人がいた所を強制移住させてついでにウクライナにくっつけただけなのだ(この辺りで私が、それは今言う話じゃないと釘を刺す)。
・製鉄所に立てこもっていたのはウクライナ陸軍ではない。内務省直属の暴れ者。幹部はネオ・ナチで、地元では嫌われていた。
・徴兵逃れに出国するものがあとを絶たないのは本当だ。我々ローカルの雇用者にも『海外に転勤させるな』といった指導がある。
・日本の金融機関のスタッフは皆海外に出た。モスクワと時差のないドバイにいてテレ・ワークしている。
・ヨーロッパもコール・オプション等で看板を下ろしている。しかし、ヨーロッパ勢はこの百年でも国境が変わるような経験を何度もしているので、どうも水面下では繋がっているようである。
・戦争の先は見通せない。しかし次の火種はポーランドだ。
・現在ロシアからの出国はモスクワからイスタンブールかドバイしかない。従ってウラジオストックから出国するにもモスクワまで来なければならない。
・日本のニュースで最もショックだったのはアントニオ猪木の訃報だった

 そして彼は年が明けたらしかるべきタイミングでロシアに帰ると語った。私はグッド・ラックとしか言えなかった。

 「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは蹴速 ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

 

 

Categories:ロシア残照

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

ライフLife Documentary_banner
加地卓
金巻芳俊