Sonar Members Club No.36

Since July 2013

さらば4番ピッチャー大谷(札幌最終戦実況版)

2017 OCT 4 21:21:48 pm by 西室 建

 おそらく日本で最後になるリアル二刀流、4番ピッチャー大谷を堪能した。今日がファイターズはフランチャイズでの最終試合である。
 対するはオリックスのエース金子、相手にとって不足はない。
 ストレートは160km越え連投とはいかなかったがスライダーが決まってオリックスをねじ伏せる。
 5回は自らのヒットから後が続き3点をもぎとった。
 6回の打席では空振りのビッグ・スウィングに観客がどよめく。例のアッパー気味にフィニッシュが背中までいく、音が聞こえて来そうな物凄い振りだ。
 八回まで来て悪い癖の四球を出す。ストレートが全部外れたが、次のT-岡田を160㎞で仕留めた。
 いいぞいいぞ、これを待っていたのだ、大谷も吠えた。
 その裏、ツー・アウト、1・2塁で大谷に打順が回った。しかし金子もさすがに球数117球目で3振を取り意地をみせた。これが真剣勝負の醍醐味!
 ゼロを並べて9回のマウンドに登ると、マレーロ・中島に連続四球。吉井コーチがマウンドに駆け寄ると大谷は続投を意思表示し、次の杉本でゲッツー。124球で完封勝利を飾った。
 5位に沈んだチームでも札幌ドームはほぼ満員で、最高のファン・サーヴィスになった。

 思えば長く、不本意なシーズンだった。ケガ人続出、投手の誤算、守備の乱れ、スラッガーの不振、終いには主力ピッチャーの放出、とこれだけ揃えばそりゃ優勝どころではない。
 昨年の日本一チームが『勝つことの難しさ』を学んだシーズンだったと言える。
 栗山監督は挨拶でこう言った『今日からまた全力を尽くします』と。
 そうだ選手諸君、次の戦いはもう始まっている。
 私も(影の)オーナーとして来季の戦力の充実と秘策を練り上げる。ファイターズは誇り高いその名の通り戦うチームだ。

 そして大谷よ。メジャーでの大活躍を約束してくれ。去年の日本一は君のお蔭だ。去年の一番ピッチャーでの先頭打者ホームランには痺れた。夢をありがとう。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

祝ファイターズ優勝 ファン架空座談会

2016プロ野球 3強チーム影のオーナー鼎談(極秘)

僕の野球地獄変

Categories:ファイターズ

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐