Sonar Members Club No.36

Since July 2013

スポーツを科学の目で見る (プロレスその2)

2014 JAN 31 9:09:06 am by 西室 建

スポーツを科学の目で見る、とは少し違うが、ビジネスの切り口で考えたい。全く賛同を得られたことは無いが、アメリカの3大スポーツ・エンタテイメントは①フット・ボール②メジャー・リーグ③プロレスと僕は考えている。人によって③にはアイス・ホッケーやバスケット・ボールを入れたいかも知れないが、そうは行かない。試合の規模・回数とかスーパースターの年棒からいけば議論の分かれるところであるが、多くのインテリ人種はJ-SPORTSで中継されるWWEのウィークリー・マッチの盛り上がりやペイ・パー・ヴューの視聴の実態を知らない。これ、見れば物凄い盛り上がりである。

プロレスのややこしさは必然的に食わず嫌いを生み出すので、ましてや我が国で行われているマイナー団体の試合を見た人は僕の回りにはまずいない。これはビジネスとしては小さいが、コアなファンで一杯なのだ。大(全や新ではない)日本プロレスや大仁田が率いていたFMWの、蛍光灯で頭を叩き画鋲を撒いたところへのボディースラム、或いは電流爆破などはマイナー過ぎて、痛みに耐える訓練は感動モノだが一般の視聴には耐えられないだろう。

それはさておき、WWEスタイルは、誰と誰がどういう確執で今日に至っているかのシナリオがあり、それに沿った試合スタイルをいかに造り上げていくのか、を楽しむ代物として完成されていて、エンタテイメント性は他を圧倒している。善玉・悪玉が決まっていて必ずトークが入る。中にはトークだけがクローズアップされるレスラーまでいて、趣向を凝らしまくる。そして会場にまで足を運ぶのは、階層で言えばB級の観客ばかりだからそれなりの『受け』を狙って、ツカミから盛り上げまで反応を確かめつつジョークも交えてやらねばトップは張れない。従ってスーパー・スターにはアクション映画に出演するようなクレバーな演技者の才能が求められる。ロックとかジョン・シナ達がそうだ。事実彼らの主演映画が撮られてヒットした物もあるのだ。なかなか日本のレスラーには真似できるものではない。ラッシャー木村の『馬場、このやろう!オレは焼き肉10人前食ってきて負けちゃったんだよ!今度は20人前食ってやるから、待ってろよ!』だったり『兄貴!今年もよろしくやってくれよな。』式のマイク・パフォーマンスはあったのだが、洗練度が違う。日本でも高田延彦や小川がやっていたハッスルがその路線を踏襲した。しかし、シナリオがプア過ぎてダメだった。曙が卵から生まれた赤ちゃんというシナリオなんて・・・。

WWEのビジネスとしての貪欲さはエゲツないの域に達していて、イラク戦争が始まれば英語の喋れないイラク人(実はペラペラ)をリングに上げる、アフガニスタンには米軍の慰問に行く、ひどかったのは日系レスラーのプロモーション・ヴィデオにはキノコ雲をバックにする始末。ヴィンス・マクマホーンは娘の結婚・出産・離婚までリング上のセレモニーにして客を呼んだ。この辺がプロレス愛好家の知性が疑われるところなのだが。しかしながら子供の頃にチラリと見たことぐらいはあるのだろう、僕の相手になったそれなりのインテリ・アメリカ人に、テリー&ドリー・ファンクとかハート・ブレイク・キッドといった名前を出して知らなかった奴はいない。ただ、ひとしきり盛り上がった後で『イッツ・フェイク』と呟いてニヤッとするが・・・。おまけにドーピング程度は当たり前で規制も何もないから体格の素晴らしいの何の。ただやりすぎで皆同じ禿げ方をする。ビリーー・グラハム、ハルク・ホーガン。エディ・ゲレロなぞはホテルで歯ブラシを咥えたまま死んだ。そのくせ日本の政治家並みに世襲が多い。オートンとかローデスとかフォン・エリックいったファミリー・ネームに記憶のある方もいるだろう(いないか)。ミル・マスカラスの所なんか親戚中プロレスラーだ。これは一つには遺伝的な身体能力もあるだろうが、一方相当おいしい商売なんだろう。どこの世界でも一流と底辺はものすごく差がつくものだが、中堅クラスの稼ぎは冒頭の①②より遥かに上のはずだ。これは日本でもそうで、野球の二軍選手やボクサーよりも年収はいい。但しレスラーになりたがる人数が比べ物にならない程少ないのだが。

それではアマチュアはアマレスしかできないかと言うとそんなことは、ない。あちこちにアマチュア・プロレス団体というのも存在しているのだ。現在ではマットもやわらかく、ロープもキチンと張り、レフリーもトレーニングを積んだちゃんとしたプロレスになっており、選手達も良く練習している。飛び技、投げ技、打撃技、スピード、そしてエンターテイネント性も申し分ない試合が行われている。中継(無論していないが)の為の解説も、倉持、古館、福澤といった名アナウンサーばりの調子で見事なもんだ。しかし40年前は凄かった。僕は偶然見たのだが関東アマチュア・プロレス・ヘビー級選手権は大田区立体育館で体操用のマットを敷いて行われていた。ロープなんかを張る機材も何も無い。ところがバレーボール・ネットに使う鉄柱が二本ポツンと立てられていて不思議な感じで始まった。暫くは投げ、締め、張り手と繰り出して四の字固めとか片エビ固め、といった基礎トレのような試合があった。ロープがないから跳ね返ることもできない。ところがリングアナウンサーが、メイン・イベントを伝えると雰囲気は一変した。ヘビー級の選手権はチャンピオン、ビッグ赤平 対 挑戦者ハンニバル清水の試合だった。ビッグ赤平はかなりの巨漢、ハンニバル清水は空手家のコスチューム。ハンニバルの反則パンチ・キックにビッグが耐える試合構成だったのだが、場外乱闘になった。リングを組み立てていないので、場外転落ではなく、単にマットからはみ出しただけだが、今まで意味なく立っていたバレーボールの鉄柱の意味がそこで分かった。そう、鉄柱攻撃なのだ。ハンニバル清水がビッグ赤平の頭を掴んでガシャーン、ガシャーンとやると赤平の額からホンモノの血がドバァーと吹き出して、床に座って見ている(アマチュアだから席なんかない)僕達の前でポタポヤ落ちる。ところが使用後に後が残ると叱られるらしく、スタッフがセッセと雑巾で拭くのがお笑いだが。最後は打点の高いドロップ・キックから見事なジャーマン・スープレックスでビッグ赤平の勝ち(体操のマットが床に敷いてあるだけですぞ)!ちゃんと試合後のインタヴューもあって額をタオルで縛った赤平選手がマイクに向かって吠える。回りは少年ファンが囲んでいる(僕以外)。

中継役「赤平選手、おめでとうございます。試合を振り返ってどうですか。」

赤平「いやー、ハンニバルがしぶとくて。危なかったです。」

中「ものすごい出血ですが、明日から仕事大丈夫ですか。」

赤「こんなケガ、一晩寝れば何ともありませんよ。はっはっはっは。」

後日分かったことだが、彼は一週間休んだらしい。いかん、このブログ趣旨と関係ないところに行ってしまった。

10.21横浜文化体育館

スポーツを科学の目で見る (プロレスその1)

心に残るプロレスの名言 全日本編

リングネーム・中継の傑作

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

心優しい主夫 スタン・ハンセン

昭和プロレスの残像 (祝 馳浩文科大臣)

ドリー・ファンク・ジュニアが出たぁ

ジミー・スヌーカの訃報


 
ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

Categories:スポーツを科学の目で見る, プロレス

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

山階早姫
北田雄夫
小玉絵里加