Sonar Members Club No.36

Since July 2013

ロシア残照 Ⅲ

2014 JUN 24 20:20:35 pm by 西室 建

 アレクサンドル・ボリシビッチ(ボリスの息子のアレクサンドルという言い方)が来日してロシア関連の打ち合わせを進めていたが、週末になんと奥さんもやってきて夫婦のアテンドをした。御夫人は初めての日本なので是非富士山が見たいと言うので、ウチの山荘喜寿庵にご招待した。ミセス・コテルニコフは50がらみで二人の娘さんに孫までいるのだが、この年齢にありがちなデブデブのバアさんではなくスラリとした美人で、そういうロシア女性を初めてみた。
 良く笑う人で、日本橋のホテルからピック・アップして首都高に乗った途端に「トウキョウーは映画の未来都市のようだ。」とはしゃぎだした。それはタダ同然の広い土地のエカテリンブルグと違い、道路網を張り巡らせるために上へ上へと積み重ねるように伸びていった結果なのだが、土地のバカ高さの実感がどうしても伝わらない。ロシアの街には高架の道路なぞ、まず無いのだ。
 ドライヴ1時間、喜寿庵の芝生の上でサンドイッチを食べた。しかしこのロシア人夫婦はあまり食べない。今まで出会ったロシア人は大体僕の3倍くらい物を食べて2倍くらいウオッカを飲む(女も)。平均寿命も男は60歳程度だが、これならこの二人は長生きできそうだ。
 庭を案内してやると、片隅の曽祖父の記念碑にあるレリーフを見て「レーニンに似ている。」と言い出した。そう言われればハゲ方が似ていなくも無いが、そんなに喜ばれても恐れ入るばかり。この話オチがあって部屋にはオヤジが孫二人と写っている写真が飾ってあり、それをみて「こっちの方は(オヤジを指して)マオにそっくりだ。」ときた。実際オヤジは(これもハゲ方を中心に)毛沢東に似ているとは何度も言われていた。そして「ガスパジン・ニシムロは革命家の血筋だ。」と笑っていた。あんまり嬉しくはないが。そして畳の上で寝転がって遊び、仏壇に線香を供えて感心し、民間外交にひとしきり花が咲いた、いい人たちなのだ。
 
 肝心の富士山はこの梅雨空で山肌が見えるが山頂には濃い傘雲がかかってしまった。河口湖のほとりに宿を取っていてそこまで連れて行くと、そこには恐ろしく頭の悪いフロント・マンがいた。帰りは二人だけで帰ると言うのでバスの乗り方・時間を聞くのだが、余計な説明に夢中になって喋っているうちに答えるのを忘れる。極めつけはカード決済は1万円以上はできないと言い出して、これには猛烈なクレームを付けた。
「あんたら世界文化遺産とか称しておいて、本当に外国からお客さんが押し寄せたらどうするつもりだ。バスしたててガイド付きの中国人ばかりじゃないんだぞ。オリンピックまでに悪評立ったら取り返しつかんぞ!」

 そうこうしているうちに夫婦ゲンカまで始まった。奥さんはこの後京都に行きたいといい、実際に予約も入れているのだが、アレクサンドルは富士山が見えるまでここに泊まり続けると言い張っているらしい。あまりの剣幕に関係ない僕が割って入り「富士山の神様はコノハナサクヤヒメ(ブロッサムズ・オブ・ザ・ツリーと訳したけど伝わったかどうか)というゴッデスで、今日はミセス・コテルニコフがあんまり綺麗だから隠れたんだと思う。」と言ったらこれは受けた。
 帰りには、明日の朝チョットだけでも山頂が見えることを祈らずにはいられなかった。

ロシア残照

ロシア残照 Ⅱ


ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

Categories:ロシア残照

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

山階早姫
北田雄夫
小玉絵里加