Sonar Members Club No.36

Since July 2013

ノー・ウーマン ノー・クライ Joan Baez(ジョーン・バエズ)

2016 FEB 5 23:23:36 pm by 西牟呂 憲

若き日のジョーンバエズ

若き日のジョーンバエズ

 レゲェの名曲、ボブ・マーリィとウェイラーズの ノー・ウーマン ノー・クライを検索していたら、往年のフォーク・シンガー(もう死語だが)ジョーン・バエズのライヴが出て来た。スペイン語のMCを喋っているのでメキシコかスペインでやったのか。お父さんがメキシコ系だったと記憶する。
 60年代に公民権運動と反戦活動で注目を集めたスターだ。


 ところで僕は2年前にこの歌の本歌取りで  ノー・ウーマン ノー・クライ
というマヌケなブログを書いている。

現在のジョーン・バエズ

現在のジョーン・バエズ

 そのノリでまたまた替え歌パロディーを思いついたのが『山がなけりゃ 登れない』だ。
 No Moutain No Climb  (ノー・マウンテン ノー・クライ)
 ちょっと苦しいか。それでは『野生の馬に鞍』はどうだろう。
 野 馬 の 鞍      (ノーウマー ノ クラ)

 この歌のオリジナルは”No, Woman, Nuh cry.”という説がある ジャマイカは英連邦国で国語も英語であるが、歴史的にヨーロッパ言語のクレオール語が混じっていて一種の方言になっているらしい。『Nuh』は英語ではDon’t であると。するとやはり『ノー・ウーマン ノー・クライ』は「だめだ、女。泣くな、女」が正しい。

 ジョーン・バエズは売れる前のボブ・ディランの紹介者で恋人でもあった。関係は解消されたが、透明感のある澄んだソプラノでディランの”I Shall Be Released”をカヴァーしているので載せようと検索した。確か下の現在の容姿でオバマ大統領とミシェル夫人の前で歌った動画があったのだが。
 すると何とニーナ・シモンが出てきた。やはり60年代以降に活躍した黒人女性ヴォーカルで既に故人。ジュリアードで教育を受けたピアノ奏者で、この演奏も弾き語りではないか。
 独特の声が男性ヴォーカルに聞こえる、こちらの方がレアなので貼っておきます。ブルース仕立てのアレンジが泣かせる。
  

  「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

Categories:本歌取り

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬