Sonar Members Club No.36

Since July 2013

鎧袖一触 パ・リーグC・Sファースト・ステージ

2015 OCT 8 21:21:35 pm by 西牟呂 憲

 我がファイターズとしてはホークスへの再挑戦のためにも勝ち上がらなければならないクライマックス・シリーズ。相手はロッテだ。
 ファースト・ステージの相手としては実はライオンズの方がやり易かった。岸の登板(おそらく一試合目)を捨ててしまえばいいのだ。対戦成績もロッテよりいいので、うまくすれば大谷を使わなくてもいけたかもしれないと考えていた。それがやりずらいロッテだ。
 いくら順位確定後の調整試合とはいえ、実は現在対ロッテ4連敗中である。
 当方としては2ステージ目でホークスに大谷を2回先発させたいので温存することも考えたが、思い切って対ロッテ初戦は大谷で遮二無二勝ちに行こう。
 そして第2戦の先発は意表を突いた斉藤祐樹だ。シーズン終わりにだいぶクレバーな投球ができてきたので、5回までやって宮西・白村でつなぐ。
 打線の方は近藤を3番に、レアードを5番に打順を据えて中田には毎日特打ちさせる、陽は代打。これで奮起しなけりゃホークス戦で使いモンにならん!  万が一3戦目に入ったらご存知ニコニコ・メンドゥーサで軽く捻って福岡へ行かなければ。フランチャイズ主催ゲームなので一つくらい負けてやってもいいようなものだが、そうもいかない。

 セカンド・ステージは6試合制だ。ホークス相手に連勝することはなかなかできないが連敗はあり得る。下手をすれば4試合目には大谷再投入の背水の陣になってしまう。それだけは何としても避けたい。フフフフ、我に秘策有り。
 等と作戦を練っていたら、4日に海の向こうでイチローが1回リリーフという私のアイデアを盗んでいるではないか!おおっぴらにバレてしまったじゃないか、どうしてくれる。まあいい。
 そして必殺柳田封じ。パリーグの天敵、柳田には死角なぞないのだ。どこに何を投げようが奴は打つ。従って満塁だろうが何だろうが絶対にストライクを投げてはいけない。変化球でもストレートでも、見逃せばボールになる内角低めに投げ込むしかないのだ。何も敬遠するんじゃないですぞ。

 ここまで書いてきて我がファイターズには『日本シリーズ』なんか眼中に無い、ということが分かった。待っていろ、ホークス!
 
 中島さん、勝負だ!
 
「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

Categories:日本ハム ファイターズ

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬