Sonar Members Club No.36

Since July 2013

トランプ 五番勝負

2016 JUN 5 15:15:55 pm by 西牟呂 憲

 本当に大統領になるのだろうか。アメリカは反知性主義の塊にでもなって、もう冷静さはなくなってしまったのか。モンロー主義に戻って籠もるつもりか。それともアメリカは本当は怒り出したのだろうか。興味の尽きない選挙まで後半年。
 数々の勝負に勝ってきた男、ドナルド・トランプとは何か。その勝負の軌跡を別の切り口から拾って遊ぼう。

一番勝負 トランプ 髪切りマッチに勝つ
 実はトランプは大のプロレス好き。アトランティックシティのトランプ・プラザではWWEの祭典レッスルマニアが開催された。それどころか2007年、WWEオーナーで億万長者のビンス・マクマホン会長にビデオレターで宣戦布告をした。無論業界で言う”アングル”(やらせによる客寄せ)である。
 「ファン感謝祭」では会場の天井から本物の百ドル札を降らせて突然トランプが登場。この百ドル札は確かに本物で皆持ち帰っていた。これに対しマクマホンが双方の髪の毛をかけての対決を申し入れるという実にふざけた企画なのだ。二人ともヅラ疑惑があったため髪切りマッチという筋書きだ。無論本人達は直接はやらず、指名したレスラーに戦わせた。
 当然受け狙いの演出は万全で、場外ではトランプがマクマホンにアックスボンバーを打ちパンチを連発する。
 結果はトランプ側のラシュリーがマクマホン側のウマガに勝利し、マクマホン会長はリング上バリカンで丸坊主に。今でもYOU・Tubeで見られるが面白いの何の。
 今回連発している暴言はこのノリの延長線みたいで、本当に大統領になっていいのか疑問を持つ事請け合いだが、不思議な事に少しもそうならない。
 因みにこの試合のレフェリーをやったのはアクション俳優として映画にも出る”ガラガラ蛇”オースチンで、帰り際にスタナーをトランプに喰らわせている。

二番勝負 トランプ バカラで勝つ
 山梨の不動産業兼貸金業社の柏木昭男。彼はバカラのプロとして世界的に有名なプレイヤーである。オーストラリアで29億円を勝ったこともあった。
 前述トランプ・プラザはカジノも併設しており、初めはそこでしこたま金を搾ってやろうとトランプ側が招聘した。これを受けてバブルの真最中の1988年、柏木氏はバカラのテーブルにやって来た。
 1回の賭金が20万ドルというケタ違いのバクチなのだが、柏木氏はたったの2日で600万ドルも稼いでサッサと帰国した(税金はどうしたのだろう)。
 3カ月後、再び柏木氏が姿を現す。2度目の勝負は一週間続き柏木氏は最終日に925万ドル勝っていた。ところがバクチは恐ろしい。それから10時間もの間柏木氏が負け続け、最後に1000万ドル負けて終了。負けが込んでいた時点でトランプ側が一千万ドルまでで勝負を終えようとオファーしていた。オッソロシイ。
 尚、柏木氏はその後自宅で惨殺されたが犯人は迷宮入りである。負けを払わなかったからだと言われている。

三番勝負 トランプ破産に勝つ
 さすがに失敗もある。イースタン航空のシャトル便路線を買収したがうまくいかなかった。巨額の債務によりカジノやホテルも倒産した。 1994年に飛行機事業から撤退。マンハッタンの物件も売却した。
 ところが個人資産はガッチリ確保しており、その後マンハッタンに高級マンションを建設したりホテル・カジノをオープンして「アメリカの不動産王」に復活する。
 そしてまた、サブプライム・ローン破綻やリーマンショックからもさすがに逃げられず、社債の利払い不能になったトランプ・エンターテイメント・リゾーツ社は2009年に連邦倒産法の適用を申請している。上記のWWEもバカラもこれらの危機の直前の話であることに注目したい。
 にも拘らず相変わらずケタ違いの大金持ち振りは相変わらずで、その辺のカラクリは良くわからない。おそらくヤバい部分があるに違いない。
 常に復活を繰り返しながら、不採算事業はすぐに手放している。

四番勝負 トランプ予備選に勝つ
 過激な暴言で注目を浴び、主流派が割れて戸惑っているうちに勝利を手にした。ウォールストリート・ジャーナルやワシントン・ポストがケチョンケチョンに書いても気にもかけない。差別的な表現、下品な表現、非人道的表現、何でもござれ。それが予備選では連戦連勝した。以外と巧みな選挙戦術があったのかもしれない。
 共和党主流派は一体どこで何をやっていたのか。その主流派の本命は誰だったのか。
 筆者はジョブ・ブッシュだったと見立てていたのだが・・・。
 トランプの戦術は『当面の敵』を言葉巧みに煽り立てて潰してしまう、というものだったと思われる。
 ルビオはヒスパニック系だがネオコンみたいなところがある上にカトリック。ウォール街の献金も多い。クルーズはティーパーティーの流れを組んでいる共和党一の嫌われ者。ブッシュは兄貴も親父も戦争をやった。これらをうまく突いて引っ掻きまわし、主流派が慌てているうちに次々と他候補者を潰していった。確かにアメリカの選挙はネガテイヴ・キャンペーンありだから、サシの勝負に持ち込んであいての悪口を言い浴びせて葬ってしまったのは見事な戦術ではあった。

五番勝負 トランプはヒラリーに・・・
 トランプは単なるバカではない。押し寄せる難民、財政の悪化に対してのアジア防衛費用の削減、アメリカの復権、といった言葉を並べてプア・ホワイトの票を固める。返す刀でクリントンのあることないことまくし立ててインテリの弁護士上がりをうんざりさせるだろう。その挑発にのって”ため息”をついたり”涙ぐんだり”したらもう負けだ。
 おまけにヒラリーはもう女性であることは何の集票力にもならないし、固い保守層からは嫌われに嫌われている。、
 だがこの半年のうちに変な事が怒らないとも限らない。イスラム過激派のテロ、北の国の暴走、中国の挑発、ヨーロッパの不安、これらはいずれもアメリカ回帰発言を繰り返すトランプに有利に働くだろう。

 でっ、本当になったらどうする、どうする。

トランプ10番勝負

 「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」 

Categories:死闘十番勝負

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬