Sonar Members Club No.36

カテゴリー: プロレス

歩く火薬庫 来島又兵衛のラリアット

2018 NOV 10 0:00:22 am by 西室 建

 八月十八日の政変で長州と七卿は都を追い払われる。憤懣やるかたない長州勢は例によって藩内の意見が沸騰し、四分五烈の状態に陥った。下関で四カ国艦隊に破れてこのかた四面楚歌。幕府も会津も薩摩も気に入らない、どうしてくれる、と。
 奇才高杉晋作は奇兵隊を組織した。
 すると”歩く火薬庫”来島又兵衛も遊撃隊を組織してこれを率いた。この藩の指揮命令系統は常にそうだが、下がワーワー騒ぎ出して良く分からなくなり、藩主毛利敬親の「そうせい」の一言が出るまでまとまらない。
 来島は激高し藩主の卒兵上京を主張するが、あの過激派である高杉でさえ抑えにかかるという事態に。意見具申が入れられないとなると、今度はいささかお門違いであるが薩摩藩島津久光の暗殺を企てる始末だった。
 いくらなんでも、と一度投獄されるのだがこのあたりが長州藩の変なところで直ぐに釈放してしまう。
 この時点で長州以外の世論は公武合体、諸侯の参預会議は機能していた。
 ところが誠にマズいタイミングで池田屋事件が起こり、吉田稔麿以下長州系の尊皇攘夷派が新撰組に惨殺される。
 こうなると来島も藩論も収まらない。2000の藩兵を上洛させる。
 すると、後の鳥羽伏見では無残な腰砕けになった一橋慶喜が、なぜかこの時は猛烈に踏ん張った。
 一方、来島のまわりにも冷静な久坂玄瑞らがいたことはいたが、”歩く火薬庫”と化した来島は「この期に及んで何をしている。卑怯者は戦いを見物していろ」と自ら組織した遊撃隊600人を率いて蛤御門に突撃し戦死する。
 それにしても御所に向かって発砲し切り込むとはどういう勝算があっての戦いなのか、理解に苦しむ。そういう事を企てておいて、時代が下って長州が官軍になるとはどこか自己矛盾を抱えていないのか。
 そしてこの戦闘で俗に”鉄砲焼け”と言われる大火事になるのだが、なぜか京都における長州の評判が落ちなかったのは不思議だ。

ラリアット決まる

 これは大河ドラマ「西郷どん」での迫力ある戦闘シーンである。禁門の変における来島だが風折烏帽子甲冑姿の出で立ちがピッタリのこの巨漢、誰あろうプロレス界の歩く火薬庫、長州力である。
 長州力、本名吉田光男、山口県は徳山出身で長州出身だからとつけられたリング・ネームだ。
 かつては武藤敬司や大仁田、真壁といったところが出たことがある大河ドラマだが同じプロデューサーなのだろうか、巧みな配役だ。
 演出の人もプロレス・ファンらしく「長州さん。ラリアットをやってください」といわれてこのシーンになったとか。

ついに海老蔵 織田信長になる

 それが、ですな。僕としたことがこの回と前後を見ておらず、最近知った、痛恨の極みなのだ。有難い事に動画に残されていたので迫真の演技を堪能できた。

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

棚橋弘至の『パパはわるものチャンピォン』

2018 SEP 28 18:18:46 pm by 西室 建

 久しぶりに棚橋の試合をテレビで見た。実際には5月4日の試合だったようだ、BSの夜中に放映された。IWGPのチャンピォン、オカダカズチカへの挑戦だったがアングル(プロレス特有の筋書き)としてはオカダの防衛に決まっている。だが私のようなプロは見方が違う。どこかで必ずあれっとなるポイントがあるはずで、そこを探り当てるように観賞する。

オカダカズチカ

 試合はオカダがヒール扱いで、棚橋が圧倒的な声援を受けながら始まった。
 ちょっと中村獅童に似た表情で棚橋がオカダの膝を責める、いい攻撃だ。
 それに対してオカダは首を狙う。そして場外でのツーム・ストーン・パイルドライバーを落とした。棚橋はカウント15でリング・イン。
 僕はこの場外でのパイルドライバーについては嫌いだ。場外攻撃はこれがないとプロレスではなくなってしまうので有りの立場だが、パイルドライバーはいけない。危険すぎる。実はオカダはこのテの『危険すぎる』といった指摘に対し『プロレスラーは超人です』と言い放ったことがあって、バカじゃないかと腹立たしかった。レスラーがハッタリをカマすのは営業行為だが、この時はどうも本気でそう思っているのが見えてしまいヤバい感じを持った。
 オカダはメキシコで修行したルチャドールで、インタヴューなんかを聞くと実にいい奴なんだがもうちょっと重みが欲しい。
 試合の方はフラフラになった棚橋に向かってオカダが不敵にもニタリと笑って見せる。そこへ張り手が入ったところがこの試合のキモだった。全部で5~6発入ったと思うがこれはかなり効いてオカダの目が少し泳いだ。
 しかしまぁ、アングル通り棚橋のフライング・ボディ・プレスが不発に終わったあと、オカダのレイン・メーカー(名前の由来は不明だがただのラリアット)が決まって負けた。
 そしてマイク・パフォーマンス。何と次の挑戦者に『片翼の天使(複雑な肩車式パイルドライバー)』のケニー・オメガを指名したのだ。ケニーはカナダ人で日本式インディーズ系のプロレスに馴染んでもう10年。つらつら思うに見る方も感覚が麻痺してきたのか、昔であれば十分に必殺だった技をカウント2.8くらいで跳ね返すことを選手が余儀なくされている。ケニーは好んで危険すぎる技を繰り出すが、私としてはプロレスは見たいものの殺し合いは見たくもない。

 ところで、この棚橋が「パパはわるものチャンピォン」という映画に主演している。原作は絵本のようだが、やさしいお父さんが嫌われ者のゴキブリ・マスクであることが子供にバレて苦悩する心温まるストーリー。そしてオカダカズチカ以下、新日本プロレスの面々が出演していて、これは見に行かねば。棚橋の演技力は海老蔵の番組にゲストで出た時に折り紙をつけた。

堪えられない 市川海老蔵


 行って来ましたね。これが面白いの何の。リング・ネームからして相棒はギンバエ・マスク、チャンピォンはドラゴン・ジョージ、他にスィート・ゴリラ・丸山(敢てレスラー名は記さない)。必殺技に至ってはホイホイ・ブレードとはエグいではないか!しかも実際のリング・サイドの目線よりも近いカメラで迫力満点。

ゴキブリ・マスク

 ただ子供が主人公で、ストーリー及びシナリオがベタなのがイタい。低予算映画で撮影時間の制約もあるだろうから仕方がなかろう。それに複雑な大人のビジネスであるプロレスに(夢中になっているのはガキではあるが)子供をからませるのはどうしても無理が生じる。棚橋も上手いしゴキブリ・マスクがリングを這い回るところなんかは見事とは言え、主演を張るほどの演技はもう少し修行がいるだろう。
 それにしてもあの子役たちはどういった育成をされたのか、演技としてはやけに完成度が高い。あんなに上手いと返って自然さがなくなるのではないかと余計な心配までした。
 それはともかく、膝を痛めているために医者から『一度だけしか飛べないぞ』と念を押されたフライ・ハイを決めるためゴキブリ・マスクはコーナー・ポストに登っていく、飛ばなきゃならないのだ。
 最後には私のようなスネたオヤジも・・・。

 参考までに、冒頭の試合の一か月後の防衛戦でオカダはケニーに敗れ王座を失った。
 
「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

ブルーノ・サンマルチノの訃報

2018 APR 26 21:21:05 pm by 西室 建

エグッ

 

 
 一瞬、アレッまだ存命だったか、と失礼にも思ってしまった。
 往年のビッグネーム、ニューヨークの帝王が亡くなった。今月の19日、83才、スーパースターにしては扱いは小さかったと思うのは私だけか。
 日本では「人間発電所」などと称されていたものの、果たしてアメリカで「ヒューマン・パワー・プラント」と呼ばれていたかどうか。おそらく東京スポーツの記者が思いつきでつけたものと推察しているが、子供の頃に読んだ時点でもこのニック・ネームには実にマヌケ感を感じた。
 60年代から70年代にかけての全盛時代に度々来日してそのファイト・スタイルをテレビで見た。ズングリムックリ毛むくじゃら、という印象が記憶に鮮明だ。
 結構敏捷な動きもしていたが、必殺技がカナディアン・バックブリーカーとベア・ハッグだったのでやや地味な感じが否めない。
 カナディアン・バックブリーカーは背中合わせになって相手を丸太のように担ぎ上げて腰の辺りを締め上げる。ベア・ハッグに至っては組み付いてのサバ折り。現在のプロレスを見慣れた若いファンにはあまり受けそうも無いが、当時はギブ・アップ必至の業だった。筆者自身、中学時代にやられてみて相当ヤバい技であることは味わっている。
 この頃WWWF(スウィーダブリューエフといった)の試合の華は怪力レスラー同士がベア・ハッグを掛け合うことで客は沸きに沸いた。
 ところがある日、東京スポーツに『発電所 新星ハンセンに首を折られる』の見出しが出て仰天した。あのスタン・ハンセンが新人時代にマジソンスクウェア・ガーデンでサンマルチの首を折る、当時はハンセンは全くの無名だったので驚いた。しかもその技は『投げ縄式首折ナントカ』とかいうオドロオドロしい名称だ。そもそもあんな太い首が折れるのか、首が折れたら死ぬんだろう、と俄然注目した。
 おりしもその年の夏、アメリカ横断の旅をしていた。建国200年の時だ。サンフランシスコからニューヨークまでグレイ・ハウンドの長距離バスを乗り継ぎながら行き、ヘトヘトになってマンハッタンまで辿り着いた。
 そこで日本のスポーツ新聞のようなペーパーを売っているスタンドを見ると、一面にギプスを付けたサンマルチノの顔写真がデカデカと出ていて当地での人気が窺い知れたものだった。早速買ってポケット辞書を引きながら読んでみると、その『投げ縄式首折ナントカ(今で言うラリアット)』は関係なく、唯のボディ・スラムを失敗して掟破りの頭から落としたせいだ。

晩年

 名前の通りイタリア系で戦後の移民である。第一印象はエルビス・プレスリーが太った時に似ている、である。
 晩年の姿ではスキンヘッドにしているが若い頃からヅラであり、ヘッドロックなどをかけるのは業界ではタブーとされた。それにしてもリングでアレだけファイトしても大丈夫とはさぞ高いヅラだったろう。
 ジャイアント馬場との交流が有名なのだが、子供の頃に読んだ漫画『ジャイアント台風』の影響が強い。事実、馬場とは信頼関係があったのだが、この漫画の原作者である高森朝雄は梶原一騎の本名で、馬場のアメリカ修行時代のエピソードはほとんどが創作であることは後年私自身が検証した(面白がって本当の話だと思っていた)。
 この手の『怪力型』のレスラーは後にハルク・ホーガンといった系譜になっていくのだが、私としてはサンマルチノやフリッツ・フォン・エリック、ハリー・レイスというある意味人間離れしたレスラーが懐かしい。

心に残るプロレスの名言 全日本編

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

ジミー・スヌーカの訃報


 平成の御代が終わるご時勢に、昭和はすでに遠くなっている。

10.21横浜文化体育館

2017 NOV 1 5:05:09 am by 西室 建

「ウオー!」
「ガオー!」
「ゴルアー!」
「オルアー!」
 互いに胸をせり出して相手のチョップを受け、エルボーを叩き込む。これぞプロレスだ。
 全日本プロレス25周年記念で世界タッグ王者、秋山準・大森隆男チームに大日本プロレスから関本大介・伊藤竜二コンビが挑戦した。
 大日本プロレスはマイナーな団体だからご存じ無い読者も多いだろうが、これも四半世紀近く前に全日本から別れたグレート小鹿やケンドー・ナガサキが設立した団体である。横浜を中心としながら全国展開もしているのだが、その歴史は苦難の道であった。
 僕はこのグレート小鹿のファンで、立ち上げ当時から注目していた。マイナー団体としての試行錯誤の後、独自のデス・マッチ路線を歩んだのだがその内容はひどい。プロレス用語でいう『ハード・コア』なのだが、要するに凶器持ち込み有りで金網ケージや脚立から飛び降りる、とメチャクチャな試合をしていた。『画鋲デスマッチ』『蛍光灯デスマッチ』など名前を聞くだけでそのすさまじさが伝わるだろう。
 そうまでしなけりゃ客を呼べず、やったらやったでゲテモノ扱いされて一般のファンからドン引きされる。悪循環の中での興行を続ける様がいじらしく、秘かに応援していた(さすがにおおっぴらにできなかった)。先に大仁田が『涙のカリスマ』などと言われてブレイクしたのもニッチ・マーケットなだけに伸び代としては不利だった。
 ”黒天使”沼澤邪鬼とか双子のバラモン兄弟など名前だけでもエグい。
 しかし試合が試合であるからケガ人続出。山川竜司は頭蓋骨骨折で長期戦線離脱したりした。

マッスル・モンスター関本大介

 そこでプロレスの多角化とでもいうのか、女子プロレス部門やストロング部門を作る。このストロング部門というのは猪木が提唱したストロング・スタイルで試合をする。大袈裟な解説もあるが、要するに相手の技をぜんぶ受けることなのだ。関本大介はそのストロング部門でトップを張っていた。
 まがいもの扱いをされていたから実力を見せつけるチャンスだ、とばかりに猛烈なファイトを展開したのが冒頭のシーンである。
 パートナーの伊藤竜二はハード・コア専門。全身生傷だらけでいくつものみみずばれが残っており、入場の際は蛍光灯を何十本もテープで縛って持ち込んだ(さすがに使わなかったが)。

デスマッチ・ドラゴン伊藤竜二

 この人は茨城大学の工学部を中退して大日本プロレス入りした。やや不器用な所もあってハード・コア専門のデス・マッチ・ドラゴンになったが、この日は大技をいくつも決めた。
 対する全日本、秋山は早くにメインを張ったが大森はポジションに恵まれなかった。あの体とマスクで若手時代から期待していたが、上に小橋や秋山がいたためもったいない使われ方をしていたためだ。いっそアメリカのWWEにスカウトされていればもっといいポジションに行けたと思う。
 大森と関本のファイトは十分に僕のようなツウを楽しませ、唸らせてくれた。さすがにマッスル・モンスター関本だ。

 結果はリスト・クラッチ式エクスプロイダーで・・・・、いや、そこはプロレスですから。がんばれ大日本プロレス!

「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

ジミー・スヌーカの訃報

スポーツを科学の目で見る (プロレスその1)

スポーツを科学の目で見る (プロレスその2)

心に残るプロレスの名言 全日本編

リングネーム・中継の傑作

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

心優しい主夫 スタン・ハンセン

昭和プロレスの残像 (祝 馳浩文科大臣)

ドリー・ファンク・ジュニアが出たぁ

 
 

ジミー・スヌーカの訃報

2017 JAN 18 21:21:00 pm by 西室 建

 「スーパーフライ」の愛称で大活躍したプロレスラーのジミー・スヌーカが亡くなった。日本にも80年代から度々来日し、あのブルーザー・ブロディと組んで全日本の世界最強タッグ決定リーグ戦で馬場・鶴田チームやファンクスを破って優勝した。又、躍動感溢れる立体的なレスリングでリッキー・スティンボード等と好ファイトを繰り広げ、僕は大ファンだった。yjimage[2]

 この人はフィジー出身、ハワイでボディ・ビルをやっていた後に業界入りした。
 当初はインディアン・ギミックのキャラクターをしたりしていたが、次第に頭角を現しジミー・スヌーカを名乗る。ちなみに本名はジェームス・ライアーである。
 
 フライは英語ではハエのことだからルチャのような飛んだり跳ねたりの軽量ファイターかと思ったら185cm・110kgの堂々たる体躯である。
 改めて知ったがスーパー・フライは今日では Superfly と綴り、アメリカでは「凄い」とか「素晴らしい」という意味に使われている。他にも日本では「飛獣」などというオドロオドロしい言い方がされたが馴染まなかった。
 それよりも日本テレビの倉持アナウンサー(多分ね)が発した「褐色のアポロ」の方がシビれましたね、いいでしょ。

 

タミーナ

タミーナ

 2015年には以前の交際相手の不審死に関して、第三級殺人で告発された。ところが本人は末期の胃がんでホスピスに入院しており裁判継続の能力が無いと判断された。
 同タイプのダイナマイト・キッドも施設に入っているし、つくづく昭和が遠のいた感がある。
 例によって娘のタミーナ・スヌーカもプロレスラー、ディーヴァとして活躍している。

 カーティス・メイフィールドの名曲「スーパーフライ」で弔意を示したい。

10.21横浜文化体育館

スポーツを科学の目で見る (プロレスその1)

スポーツを科学の目で見る (プロレスその2)

心に残るプロレスの名言 全日本編

リングネーム・中継の傑作

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

心優しい主夫 スタン・ハンセン

昭和プロレスの残像 (祝 馳浩文科大臣)

ドリー・ファンク・ジュニアが出たぁ


「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

ドリー・ファンク・ジュニアが出たぁ

2016 DEC 3 17:17:17 pm by 西室 建

 全国二千万のプロレスファンの皆様。お待たせいたしました。
 先般、与党議員が採決を引き伸ばしてばかりの野党を『田舎のプロレス』呼ばわりして一部のファンを怒らせましたが、言い得て妙ではないですか。国際プロレスが地方巡業の小都市でやった試合を見たことがありましたが、某政党の”引き延ばし”レヴェルの試合でしたよ。それもまたプロレスなんです。
 そのプロレスのプロレスたる試合をBSで偶然見てしまいました。
 何とォ!あのグレート・テキサン・ドリーファンク・ジュニアが帰ってきましたー!って嘘じゃありません。
 先日の全日本プロレスに本当に出て来たのです。御年75歳、さすがに痩せていて長袖TシャツにGパンを着てのリング・イン。「スピニング・トーホールド」が流れると、現役時代を知らないはずの若いファンが往年の『ドリー、ドリー、』の大コールです。一人当たりの運動量が少なくなるように配慮した8人タッグですが、他にもチャボ・ゲレロが67歳、ザ・グレート・カブキ68歳という豪華版。
 さすがにオジイチャンの動きになっていて、エルボー・スマッシュもスカスカ。カブキのアッパー・ブロウも手加減気味(あれが精一杯か)。そして喜ばしいことに“伝家の宝刀”スピニング・トーホールドを掛けてきた西村を首固めで押さえ込みワン・ツー・スリーの大団円でした。

めでたしめでたし

めでたしめでたし

 ところがこの後もっと驚くメイン・エヴェントがありました。2人合わせて120歳の大仁田厚(59歳)渕正信(62歳)コンビが現役アジア・タッグ・チャンピォンの青木・佐藤チームに挑戦しました。
 大仁田が有刺鉄線電流爆破バットをいきなりスイッチ・オンするとサイレンが鳴る演出、いい間の取り方です。
 場外乱闘に持ち込み、机上パイルドライバーにカブキまがいの赤い毒霧。キメは渕のバックドロップ怒涛の7連発。おい嘘だろ時計の針が戻ったぜ、とばかりに伝統のアジアタッグの第100代王者になりました。
 このタイトルの初代チャンピォンはキング・コング&タイガー・ジョキンダーで、力道山・豊登が3代目という由緒あるベルトであります。
 さすがにやりすぎ感がありましたが、めでたしめでたし。昭和プロレス万歳!

 だけどこれから どう防衛戦をプロデュースするんだろう

10.21横浜文化体育館

スポーツを科学の目で見る (プロレスその1)

スポーツを科学の目で見る (プロレスその2)

心に残るプロレスの名言 全日本編

リングネーム・中継の傑作

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

心優しい主夫 スタン・ハンセン

昭和プロレスの残像 (祝 馳浩文科大臣)

ジミー・スヌーカの訃報


「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」 

昭和プロレスの残像 (祝 馳浩文科大臣)

2015 OCT 7 19:19:13 pm by 西室 建

 僕達は生力道山を見たが、個人的に最もプロレスにのめり込んでいたのは高校卒業後になる。無論当時から『あれは八百長だ』と揶揄する素人の言説は、インテリを中心に常識化してはいた。
 しかし会場に足を運ぶようなマニアは例外なくその議論は卒業していて熱心、というか興奮してヤジを飛ばしたり歓声を上げた。大のオトナがだ。
 いわゆる外人VS日本人のパターンが崩れ出したのは、やはり華の中の華ファンクスがブレイクし、ミル・マスカラスが大活躍したあたりからではないだろうか。
 あのスピニング・トゥ・ホールドやフライング・クロスチョップはずいぶん練習したが決めるのは大変に難しい、特にフライング・クロスチョップ。実際はあまり跳躍力は必要ではなく、前に飛び込むように当たるのがコツ。そうしないと受け身が取れない。しかもある程度体重がなければ技としても使い物にならない代物だった。こういうことは実際にやってみなければ分からない。当り前だが自分でやってみるようなバカは滅多にいないから、そういうところを分かりやすく解説する必要は大いにあった。しかしプロレスは見れば分かるように(反則などを)してみせる商売なのに加え、あんまり本当のことを喋られるとチト困る。そこが難しい。その点 リングネーム・中継の傑作 で触れた山本小鉄氏・山田隆氏の解説は秀逸だった。

 それでもこんなのもあった。
 全日本と新日本の引き抜き合戦で、伸び盛りのスタン・ハンセンがジャンボ鶴田とやった時、来日していたルー・テーズが二人を比べて言った言葉。『スタンの破壊力は凄い。それに対し鶴田は筋肉の耐久力が素晴らしい。ともに10年のキャリアであれば鶴田の方が一歩抜きん出ている。』
 これには、確か倉持アナウンサーだったと思うが、さすがに『良く分からないんですが、山田さん一つ解説して頂けませんか。』と振った。それに対し山田さんは一言。
「耐え抜く力、ということでしょう。」
と答えたが・・・・これ解説になってますかね。

山本 小鉄

山本 小鉄

 山本小鉄さんは終始アントニオ猪木と行動を共にしたが、30代だったのに猪木から『若手育成とマッチ・メイキングの方をやってくれ』と言われて引退し解説にも引っ張り出された。本来口の重い真面目な性格だった(この辺チャランポランの塊のような猪木とは好対照)ため、古館伊知郎の意味があるのかないのか分からない機関銃のような実況にはマイったらしい。さっそく落合恵子が主宰する『日本話し方講座』の通信教育を受けたのは有名な話。その結果か『山本さん、ロープに投げられると何でバウンドして元にもどってしまうんですか。』との問いに『ロープはワイヤーで出来てるんで反動をつけて戻らないと背骨が危険なんです』という迷答を返していた。上智大学小林順治教授の社会人向け春期・秋期と単発公開講座にも学んだらしい。
ところで、この写真の表情。僕は高倉健さんに似ていると前から思っていたがどうでしょう。

 お二人とも鬼籍に入られた。

 と、書いているところへ何と我等が安部総理は文部科学大臣にプロレス出身の馳浩センセイを指名。これ、森元総理への気配りというか(馳氏は森派)人事の妙だと感心した。
 馳氏はあの松井選手の星陵高校出身で、母校の古文の先生をしていた実際の教員経験者でもある。ヤンキー先生と教員タッグを組んだら面白い。専修大学時代に古典文学の全集を読破し『源氏物語』の造詣が深いことは知る人ぞ知る。
 2006年に引退試合をした際、森元首相や故町村前衆議院議長が観戦した。そこはプロレスだから盛り上げなくてはと対戦相手のYASSHIやTARU(どちらも日本人ヒール)が「おい、そこの森! 悪そうな顔してるな! このカス野郎!」とやった。これにはさすがに薄ら笑いでかわしたが、場外乱闘に悪乗りして挑発すると森元首相もパイプ椅子を持って身構えるパフォーマンス。観客からは森コールが起こって誠にプロレス的なノリだった(これ本当ですよ)。森元首相はいい人なんだよな。その後馳センセイは森元総理に土下座して(電話にもかかわらず)非礼を詫びたとか。

 馳大臣、失言にだけは気をつけてね。古文を引いて煙に巻けばいい。

10.21横浜文化体育館

スポーツを科学の目で見る (プロレスその1)

スポーツを科学の目で見る (プロレスその2)

心に残るプロレスの名言 全日本編

リングネーム・中継の傑作

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

心優しい主夫 スタン・ハンセン

ドリー・ファンク・ジュニアが出たぁ

ジミー・スヌーカの訃報


「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

心優しい主夫 スタン・ハンセン

2015 JUL 14 17:17:42 pm by 西室 建

 ブル・ロープを振り回しながらテーマ曲に乗ってリングに突進。高々と腕をさし上げた先には人差し指と小指を立てたテキサス・ロングホーン。「ウィー!」の声で吼えれば観客は大喜びだ。yjimage[9]

 プロレスの名門の感があるウエスト・テキサス大学卒業で、フットボールのボルティモア・コルツやサンディエゴ・チャージャーズに入団する。フットボールでは芽が出なかったが、その後は中学の先生となっていたところテリー・ファンクに誘われてプロレス入りする。
 僕が彼の名を知ったのは、ニューヨークで『マジソン・スクェア・ガーデンの帝王』と言われたブルーノ・サンマルチノの首をウェスタンラリアットで折ったというニュースだった。当時はラリアットのことを『投げ縄式首折固め』等と東京スポーツは書いていたが、どんな技かは分からなかった。
 その年アメリカをウロついていたのだが、ニューヨークでは日本のスポーツ新聞のようなものに首を固定されたサンマルチノの写真が出ていたので思わず買った。入院して2ケ月の長期欠場となっていた。
 事の真相は急角度のボディスラムで首をおかしくさせその後にラリアットを連発するというプロレス界の掟破りだったようだ。あんまり器用じゃないグリーン・ボーイのチョンボだったらしく、直ぐにニューヨークからは離れることになった。
 その後、新日本に現れて日本でブレイクした後はご存じの大活躍、『不沈艦』と呼ばれた。このニックネームもイマイチなので、僕は密かに『モビィ・デイック』と言っていた、これいいでしょ。
 ヒールだが凶器など使わないハンセンはブレイクし人気者になる。アンドレ・ザ・ジャイアントとの試合も組まれた。そして当時盛んに行われていた引き抜き合戦で、全日本の最強タッグ選手権に姿を現す。ブルーザー・ブロディ(キング・コング)ジミー・スヌーカ(褐色のアポロ)組のセコンドとして出てきた試合をテレビで見ているが、解説の故山田隆氏が『あれはハンセンですね。スタン・ハンセンですよ。』と言ったのでビックリした。相手はファンクス。
 極度の遠視で、あのムチャな暴れぶりは目の前が良く見えないからだ、という説がある。
 それにしても全盛時代のウエスタン・ラリアットは長州力や阿修羅・原がリング上で一回転してしまう破壊力があった。僕はビデオで何回も分析して、ロープから返ってくる相手の選手が何歩足を運ぶ時にヒットするかを数えたが、平均2歩未満だ。あれではやられる方はハンセンの腕がほとんど見えなかったと思う。
 ジャイアント馬場とも非常にいい試合をしている。

 そのハンセン、実は二度目の奥さんは日本人のユミ夫人だ。きっかけは友達に誘われたハンセンのサイン会へ行った時にハンセンが見初めたのだとか。まだ10代と子持ちバツイチの悪役。毎日の移動やアメリカとの往復の最中にどうやって口説いたか知らないが結婚にこぎつけ、お子さんも生まれた。前妻との間に長男長女、お二人にも次男次女。次男のシェーバー・ハンセンが野球選手でシアトル・マリナーズにドラフト6位指名されたが今でも活躍しているのだろうか。

 そのハンセン家は現在ユミ夫人が心臓外科専門の看護師として働きスタンは主夫をやっているのだとか。あまりの激しいファイトで体はボロボロ、両肩、両膝は人工関節で満足に働けないのだ。そこで40歳を過ぎてから看護学校に通い資格を取ったユミ夫人は偉い。
 ハンセンは炊事・洗濯に掃除までをこなし、料理の腕前はかなりのモノらしい(ただ、アメリカ人だから味はどうだか)。元来不器用だったハンセンがセッセと包丁を使っている所なんか微笑ましい。
 夫人の影響もあるだろうが、大変な親日家。故ジャンボ鶴田とはデヴュー前のファンク道場でトレーニングした仲で、親友だった。
 ジャイアント馬場の3回忌に来日しリングに上がって引退のテンカウントを聞いた。

10.21横浜文化体育館

スポーツを科学の目で見る (プロレスその1)

スポーツを科学の目で見る (プロレスその2)

心に残るプロレスの名言 全日本編

リングネーム・中継の傑作

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

昭和プロレスの残像 (祝 馳浩文科大臣)

ドリー・ファンク・ジュニアが出たぁ

ジミー・スヌーカの訃報


「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

2015 JUN 20 11:11:58 am by 西室 建

yjimage[4] 脳天にパンチを浴びると逆にグッと立ち上がってくる。
 相手をコーナーに追い詰めてヒップ・ダンス。130kgの巨体で暴れ廻りクネクネ踊る。
 入場のコスチュームは派手というよりもグロ、ピンクの水玉ガウンと同じデザインの帽子だ。
 アメリカ人はこういうのが大好きで大人気のスーパースターだった。決め台詞は『オレは配管工の息子から成り上がったんだ。』別に配管工が悪いと思えないが、なぜか観客は沸きに沸く。このキンキラ・クネクネぶりが当時の日本では今一つ人気が出なかった理由かもしれない。
 かの天才レスラー、故ディック・マードックと組んだタッグチーム、その名も『テキサス・アウトローズ(後のジ・アウトローズ)』で大暴れして頭角を現すと、メキメキ実力・人気が出てスーパースターとなった。ディック・マードックはキレのいい天才的なレスラーで無骨な感じなのだが、どうも日本ではこういう人の方が好まれる。ブレーン・バスターの効き目なんか他のレスラーと全く違うのがよくわかった。

 ローデスはウェスト・テキサス大学出身だがこの大学、名門なのに不思議なほどプロレスラーが出ている。それもドリー・テリーのファンクス、同期にブルーザー・ブロディ、ボビー・ダンカン、3年下がスタン・ハンセン、更に(ミリオン・ダラー・マン)テッド・デビアスと続く。プロレス学科でもあったのかと思う程だ。場所がテキサスのアマリロというファンク一家のフランチャイズにあるからだろうか。若き日の鶴田もアマリロで修行していた。
  
 そのダスティ・ローデスが69才で死んでしまった。葬儀にはドリー・ファンクJr、ジェリー・ブリスコ、パット・パターソンといったビッグ・スターが駆けつけた。

yjimage[9]

 右の写真はそのローデスと二人の息子で、二人ともやはりプロレスラーのゴールダストとスターダスト。どうです、このオヤジも凌ぐエグさは。よほどオイシイ商売なのか閉鎖的業界なのか。親子兄弟のレスラーというのは日本の世襲議員並の比率で、メキシコなんかは何人もいる兄弟に従兄弟まで全部というケースもある。

 ところでアメリカのプロレスはゲテモノ化を進めれば進めるほどウケる。アメリカ人の中にはより単純な方を好むゾーンがあって、それならそれと徹底してやるのがいいようだ。
 WWEはWCWやECWといったメジャー団体を買収して急成長し、全米のマット界をビッグ・ビジネスに育て上げたビンス・マクマホンの経営手腕はMBA課程の会社分析のテキストにもなっているそうだ。たかがプロレスなんだけど本当かな・・・。
 どうでもいいが、スティーブ・オースチンはガラガラ蛇といわれたヒールだったくせに何とアクション・スターになりスティーヴン・セザールと共演した。ザ・ロックも主役で映画に出ている。やはりプロレスは奥が深い。

 先日はビル・ロビンソンの訃報を聞いた。
 是非リック・フレアーやスタン・ハンセン、ハルク・ホーガンといった連中に長生きしてもらい、伝説を甦らせてもらいたいものだ。

10.21横浜文化体育館

スポーツを科学の目で見る (プロレスその1)

スポーツを科学の目で見る (プロレスその2)

心に残るプロレスの名言 全日本編

リングネーム・中継の傑作

心優しい主夫 スタン・ハンセン

昭和プロレスの残像 (祝 馳浩文科大臣)

ドリー・ファンク・ジュニアが出たぁ

ジミー・スヌーカの訃報


「ソナー・メンバーズ・クラブのHPは ソナー・メンバーズ・クラブ
をクリックして下さい。」

リングネーム・中継の傑作

2014 MAY 30 21:21:41 pm by 西室 建

 僕は、ご存知の通り代のプロレス・ファンであるが、昔からある疑問を抱いている。昔のレスラーのネーミングはどうしてあんなにマヌケ感が漂うのだろう。ジャイアント馬場、アントニオ猪木、ストロング小林、グレート東郷、ジャンボ鶴田・・・・。そのもの、と言うのか捻りも何も無いではないか。特にひどいと思ったのは外人選手の日本で付けられたニック・ネーム。「人間発電所」ブルーノ・サンマルチノ、なんだかドテッとしているだけ。せめて英語にして「ヒューマン・パワー・プラント」の方がニューヨークの帝王にふさわしい。「千の顔を持つ仮面貴族」ミルマスカラス、実際は多くて3種類のマスクしか使ってない。「白覆面の魔王」ザ・デストロイヤー、マスクが白いだけ。「美獣」これはひどい、ハンサム・ハリー・レイスの直訳過ぎる。
 いいなーと思ったのは「褐色のアポロ、スーパー・フライ」ジミー・スヌーカ。フライって蝿のことなんだが、本人の実力も含めて申し分なかった。やっぱりこれくらいゴロがあってないと。
 
 しかし、時代と共にプロレスが洗練されてくると、これは、というネームが出てきた。感心したのは「邪道・外道」コンビ。現在は一緒にやらないが非道も入れてトリオ・ユニットでもあった。このネーミングの切れ味!昔全日本に極道コンビというのがいたが数段上である。又、ハゲかけた頭といい顔つきといい、バンダナの巻き方まで小憎らしくて合格。
  たまたま見た蛍光灯マッチの大日本プロレスに黒天使・沼澤邪鬼というレスラーが出ていたが、この名前にもマイッた。邪鬼ねぇ。
 大阪プロレスには、とても洗練されているとは言い難いがその名も「えべっさん」という覆面レスラーがいて、さぞ戦いにくいと思うマンガみたいなギミックの覆面を被っている。タンク・トップというよりランニング・シャツを着ているの・・。

 ダイナマイト・キッドもいいネーミングだと思う。この選手はたいへん切れ味のいいファイトを見せてくれて僕の好みだった。従兄弟のデビー・ボーイ・スミスと組んだブリティッシュ・ブルドックスはキッドのダイビング・ヘッドバットと怪力デビーのリフトの組み合わせが良く、どの試合も取りこぼしがなかった。特に初代タイガーマスクとの一連の抗争は目を見張るスピード感で、ルチャとも違う重量感に溢れていた。物凄い筋肉だったがドーピングしていたのだろう、廃人になった。
 余談であるが、タイガーマスクが初めて登場したときの試合をテレビで見ていたが、飛び後ろ回し蹴りを見た瞬間に佐山サトルが正体だと分かった。異種格闘技戦でムエ・タイの選手とやった彼のファイトを見ていたからだ。その後極真会の黒崎道場に行ったことも知っていた。この話は研究者の間では大きな論争になり、結果として僕の慧眼は高く評価されることになった。それはいいとして、試合後に中継のマイクを突きつけられて「あなたは日本人ですか?」と聞かれて「言えません。」と日本語で答えてしまったときは噴いたが。

 新日では古館一郎のプロレス中継が一世を風靡していて、思わず感心したのがアンドレ・ザ・ジャイアント。
「一人というには余りにも巨大だが、二人と言ってしまうと人口の辻褄が合わない!」
これは原稿を書いて言ったのだろうか。
 確かにTVは古館氏の中継で数字を取ったのだろうが、僕としては隣で必死について行きながらボソッと解説する山本小鉄の解説に味があったと思っている。例えばラッシャー木村について、
「木村選手は打たれ強い、蹴られ強い。だからあんなに打撃をしてもだめです。もっとワザでいかないとダメですね、ワザで。」
理論的にどうだか知らないが、何となく分かるではないか。
 解説については、日本テレビで長年解説をしていた東京スポーツの記者、山田隆さんが思い出深い。ミョーな解説が腑に落ちた。
「プロレス固有のジャンルであるタッグ・マッチは、1プラス1が単に2になるのではなく、3にも4にもなるところが面白いんです。」
みたいな事を言う。年末にやっていた「世界最強タッグ・リーグ戦」のたびに使ったフレーズだった。どうも聞いている限りでは個人的にはファンクスのファンで、特に兄貴のドリーが大好きだったようだ。
「ドリーは老獪ですねー。相手の技を一瞬にして切り替える。こういうことは普通の人にはできないですね。」
老獪ってまだ40代だろうそのころ。ついでに言えばドリーはグレート・テキサンと言われていて、僕はテキサス贔屓だからこれは合格のネーミング。弟のテキサス・ブロンコはイマイチかな。
 テキサスでも州都ダラスはフリッツ・フォン・エリックの地元で、この人の5人の息子も皆レスラー(長男は早世だから六人兄弟)。やっぱりアイアン・クローをやるのだ。しかし悲劇の一家と言われ病死・事故・自殺で次男しか残らなかった。ところがその次男の息子がまたプロレスラーで、日本にも来てノアに出ている。

 突然テキサスの話だが、仕事でよく行っていた。あそこは自分達が本物のアメリカンだと思い込んでいる人ばかりで、他所はアメリカという名前が付いている”モドキ”くらいの言い方をする(リアル・アメリカと自称)。綿花畑なんかになるような土地が無いせいか黒人は少なく、代わりにメキシコ系が多くて「テックス・メックス」と呼ばれている。野球はレンジャースでフット・ボールはカウボーイズ。共和党がメチャクチャ強い(ブッシュ一家)。あまり口を大きく開けないサザン・ナントカという方言で、ハウディーという挨拶も覚えている。反中央、反リベラルの気風に満ちていて、僕は何故かしばしば中央に逆らった鹿児島みたいな所だと理解した。
 商売相手だった奴は全米ブル・ライディングという牛に乗るロデオのような競技のチャンピォンで、カラテのブラック・ベルトだったが、僕に向かって「レッツ、ケイコ。」とか言って組手をやりたがって困った。男も女もデカくて、初めに行った頃は怖かった。

 また話がズレてアホブログになってしまった。

10.21横浜文化体育館

スポーツを科学の目で見る (プロレスその1)

スポーツを科学の目で見る (プロレスその2)

心に残るプロレスの名言 全日本編

訃報 ダスティー・ローデス アメリカン・ドリーム

心優しい主夫 スタン・ハンセン

昭和プロレスの残像 (祝 馳浩文科大臣)

ドリー・ファンク・ジュニアが出たぁ

ジミー・スヌーカの訃報


ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。
 
 

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

Luise Ono
三遊亭歌太郎
小林未郁