Sonar Members Club No.1

since September 2012

甲子園ロスを吹っ飛ばす広島サヨナラと日ハム・宮台投手

2018 AUG 23 22:22:46 pm by 東 賢太郎

野球ばかりになりますが、TVで何気なく見ていたマツダの広島 ヤクルト戦、 4回までに山田の満塁ホームランなどで7対0のボロ負け。9対5まで戻した9回裏、ヤクルトは盤石のクローザー、金足農業出身の石山がマウンドに上がる。マジック出てるし台風きてるし、まあ早く終わろうやという成り行きでした。

ところが野間が内野安打、バティスタが中前安打から3番・丸がセンターに同点スリーラン。よもやという異様なムードの中、4番・鈴木誠也がレフトにサヨナラホームラン。解説者も絶句の幕切れとなりました。去年の七夕の奇跡はたしか6-0を最終回にひっくり返しましたが、今日は7-0からでした。

カープは今年は投手がぜんぜんだめで、それでもぶっちぎり首位なのは打ち勝っているからです。何といっても、OPS(出塁率+長打率)で丸が1.137で鈴木誠也が1.105でセリーグ1位、2位と驚異的であり、3位以下が順番に、

山田、バレンティン、筒香、ビシエド、坂本、糸井、宮崎、岡本、平田、福留

だから、いかにカープのクリーンアップの破壊力と投手へのプレッシャーが半端でないかおわかりでしょう(1.0以上は山田まで3人だけ、パリーグは山川、近藤健介の2人だけ)。1.1以上となると歴代最強バッターの数字であり、ちなみにベーブ・ルースの生涯OPSが1.164です。うれしい悲鳴です、今年FA取得の丸はメジャーも参入して3年で15億円ぐらいの契約が出ておかしくないでしょう。カープは払えないでしょうね、たぶん。

もうひとつ、日ハム対ソフトバンク戦は東大法学部卒の宮台投手が初登板、初先発でした。4回2/3で4安打6四死球3奪三振の自責点2はまあまあだったでしょう。コントロールがだめで高めに抜けましたが135キロ程度でも中村晃が差し込まれてファール連発だったのでOK。大学では150キロを記録して早大戦で13奪三振があったので、こんなものではない。特に松田を2三振に仕留めたのはあっぱれ、日ハムもドラ7でこの左腕がとれたのはお買い得だったかもしれません。

今日は2つもいいものを見せてもらい、甲子園ロスが吹っ飛びました!!

 

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

Categories:______プロ野球, ______広島カープ

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬