Sonar Members Club No.1

カテゴリー: 野球

プレミア12は優勝、あとはFAだ

2019 NOV 17 23:23:13 pm by 東 賢太郎

プレミア12、優勝おめでとう。稲葉監督は日本のためによくやった。決勝の韓国戦、山口のコントロールがやばいなと思ったら1回にいきなり2発叩きこまれて3-0だ。誠に勝負弱い奴だ。相手の左腕のメガネは米国戦だったかで素晴らしくイキのいい球を投げていて、ああこれでもう終わったなと思った。それを叩き返した今大会5割打者の鈴木誠也、そして重いムードの中で快心のスリーランを放った山田、相手をがっくりさせたダメ押しヒットの浅村。さすがである。山口以外の投手はみな凄かった。特に7,8,9回の甲斐野、山本、山崎は、あれは打ちようがない。危なかったベネズエラ戦、米国に敗退など、特に打線については全く機能しない者もいてフラストがたまったが、勝てば官軍、終わり良ければ総て良し。皆さんこの時期にお疲れ様。

これで今年の野球も完全終了。最後にFA動向だが、カープに曾澤、野村、長野が残留とはうれしい。菊池も巨人はなかった。もう一つ驚いたのは楽天の美馬が原監督のラブコールを蹴ってロッテ入団を決めたらしいこと。僕は美馬を評価しており、それは去年3月のオープン戦で生の彼を見てからだ。

東京ドームで最高の気晴らし

このブログに、

調子が良いと何もさせてもらえずノーヒッターもあり得るタイプの投手とみた。

と書いたが、今年の7月19日にソフトバンク相手に8回終了まで完全試合をやってくれて、こういう見立てが当たるとおおそうだろうと気分が良い。

楽天美馬9回に完全試合逃す 12年巨人杉内以来 – プロ野球 …

 

まだ決まっていないが、もし福田が来てくれると来年ロッテは日本の覇者ソフトバンクを今年以上に苦しめるかもしれない。

 

神宮第二球場

2019 NOV 9 13:13:52 pm by 東 賢太郎

ラグビーをやっていた後輩に「生まれかわったらまたやるかい?」ときいたら、間髪入れずに「はい」ときた。「いえ、こんどは**を」なんてことであれば、ちょっと彼らしくないなと思っていたから安心した。

僕は飽きっぽい。中学のころ、学年のはじめに真新しい教科書を手にすると「よし、やるぞ」と固く誓ったものだが、ひと月ももったためしがない。高校になると、それじゃだめだと思い、誓いは「今年こそは」にかわってきた。それで二か月ぐらいはもつようにはなったが、二年生の夏あたりから「来年こそは」になった。最初から最後まで日々「やるぞ」が消えなかったのは野球だけだ。

つまり、高校には野球をしに行っていたのであり、ついでに教室にも寄っていた。親をふくめて誰も信用しないが、ほんとうなんだからしかたない。それで、人生を生き抜くためのインテリジェンスはグラウンドで学び、野球ができないうっぷん晴らしに仕事したというのが僕の人生である。当然、生まれかわったら、やることは野球しかない。

「親をふくめて」というのは母親はべつだ。ガリ勉嫌いで男の子は外で遊べと叩き出す「非教育ママ」だった。自分の父親は初代か2代目の慶応大学の野球部だ、息子の野球漬けはぜんぜん自然であり、かたや勉強にうるさい親父には「ちゃんとやってます」と虚偽報告をしてくれてたらしく、あとで親父に申しわけなくて勉強した。

九段高校はまだ東西いっしょだった東京都大会の第6シード校だった。入部して校庭の端から端までの声出し訓練からはじまり、万事きつかったが耐えた。そうしたら夏の甲子園大会地区予選に1年なのにベンチ入りを命じられた。軟式の草野球とはいえ大人たちを手玉にとっていた小僧だから驚きもなく、まあ当然と思うほどの天狗だった。15才で世の中なめていたわけだが、良くも悪くもそんな経験は他のことでは無理だ、ないよりはよかったかもしれない。

運悪く優勝候補の日大一高と当たった。神宮第二球場だった。どうせ登板はないと思い、正直のところ、高校球界No.1左腕でドラフト1位候補の保坂投手を見られてラッキーというお客さん気分だった。一塁側ベンチでまのあたりにした保坂は凄まじく、練習試合で打たなかったのを見たことない4番の桧前さんが浅い外野フライがやっとというのがショックだった。コールド負けだった。そのまま勝ち進んで出た甲子園の都城高戦で17三振を奪った破壊力あるストレートは衝撃で、後にも先にもボールに恐怖感をもったのはこのときだけだ。彼はその時2年で、翌年の東京都予選で日大鶴ヶ丘に10-0の6回コールド勝ちした際、18個のアウト中17個のアウトが三振だった。僕もそうだが、当時の高校生はスライダーやフォークやチェンジアップなんか投げない。直球とカーブだけである。それでこれ。いかにものすごいピッチャーだったかご想像つくだろうか。いまだって、そんな猪口才(ちょこざい)な小道具で三振とっても僕はちっとも尊敬しない。野茂とか大魔神は立派と思うが、これは美学なんで争い難いのであって、直球とカーブだけで三振を取りまくった金田正一、外木場義郎、そして保坂英二は僕の神である。

ところで、ベンチではマウンド上の保坂がやたらでっかく見えていて、さっきwikipediaを調べたらなんと168センチだ。驚いた。人間ってそういうもんなんだ。圧倒されると相手が大きく見えてしまうのだ。高校時代はやせていて立派な体格にあこがれたが、間違いなくあの保坂のイメージがあったと思う。あのぐらいでっかくないとあんな球は投げられないと。

そういえば50を過ぎてから「ご立派な体格で」といわれるようになった。そんなことは40代まで一度もいわれたことがない。要はデブという意味だが、ひょっとするとそうじゃないのかもしれない。俺も仕事の貫禄がついてでっかく見えるということか。じゃあ60代だ、もう何もこわいもんないな。15才で世の中なめた経験はいつもこういうふうにきいてくる。

神宮第二球場がなくなるそうで、最後の試合が昨日行われたらしい。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

広島カープの佐々岡監督は楽しみ

2019 OCT 28 21:21:28 pm by 東 賢太郎

「同じ釜の飯」とはよく言ったもので、どんなことであれ、そのことでギリギリ限界まで頑張ったという苦労は同じ境遇を味わった人しかわからないと思う。いや、案外そうでもないかもしれないのだが、そう思いたくなってしまうところが人間のさがかもしれない。

僕の場合、そこまで頑張ったのは野球、受験、仕事しかないが、同じ釜といっても釜のサイズはそんなに大きなものではない。例えば野球でも相手が野手だとわからないことがある。ロッテのサブローさんに教えてもらった「打撃の極意」は自分の感覚とあまりにちがう。もちろんプロの話を素人がわかるはずはないのだが、一応は3年間毎日バットを振っていてそれというのはさびしい。

ところが投手の話だとそこまでのギャップがなかったりする。元西武ライオンズの投手Oさんとゴルフをしたときに、「交流戦で巨人の仁志選手をショートゴロに打ち取ったんです」という回顧談があった。みんな「ああそう」という顔で聞き流したが、それは得意のシュートだったというところに熱がこもるのを見て僕は合点した。レベルはともあれ打者に打たせたくない執念は同じ釜の飯なのだ。

僕は二人の監督のもとで野球をしたがお二人とも野手であり技術的なことでの指導や文句はなかった。投手というと2年上のエース篠さんが憧れの人で、九段高校をシード校に導いた本格派名投手だったが、1年夏の合宿のOB戦で投げ勝って試合後に篠さんから背番号1番を手渡されたときの喜びは僕の「人生感動ベスト3」に入る。それほど「同じ釜の飯」の人からの評価はずっしり重いのだ。

やたら前置きが長くなったが、広島カープの監督に佐々岡が就任したのは楽しみだ。投手だからだ。投手は野手にほめられてもうれしくない。投手のことは投手しかわからないのだ。FA宣言した曾澤の残留も大きいが、野村祐輔が残ってくれたのは意外であり、佐々岡の就任が大きいのではないか。ソフトバンクが強かったのは守備力、とりわけ投手力によるところが大きい。カープ投手陣が久しぶりの「同じ釜の飯」監督の下で大化けしたらまた優勝はありだろう。是が非でも投手王国復活をお願いしたい。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

セリーグ弱すぎ、かんべんしてくれ

2019 OCT 27 1:01:55 am by 東 賢太郎

セリーグが馬鹿馬鹿しいほど弱すぎる。子供の目にも明らかだ。ソフトバンクを赤組・白組にわけて、そのどっちとやっても巨人は負けただろうと思うほどの筋金入りの弱さである。しかもそのソフトバンクはパリーグ2位なのだ。

セリーグもDH制をという声がある。原もそう言ってる。ではDHで野手がもう一人育ち、投手が気が抜けなくなると山本や岡本のエラーや増田の暴走がなくなるのか?そんなわけないだろ?要は、監督がなんと言い訳しようが、ソフトバンクより野球がヘタクソなだけなのである。ヘタな奴らがDH制にすると練習しないでうまくなる?アホらしいにもほどがある。

セリーグは人気にあぐらをかいてユルフンの野球をしてきた。それがまぎれもない原因だ。交流戦を減らそうとしているのはセリーグだ。巨人戦、オールスター、日本シリーズの価値が減るという理由だ。そんな心配はご無用だ、人気なんかもうない。地上波で流した今回の日本シリーズの視聴率は一桁台だ。弱い上に球団経営も危機感なくユルフンで昭和のビジネスモデルのまま。絵に描いたように斜陽の大企業そのものだ。

天下分け目のいくさ前、男は斎戒沐浴しふんどしを絞めてかかるのだ。そこでコーチが不倫でクビになってるようじゃ勝てるわけないよ。かたやラグビーは国際試合で感動をくれた。こっちも天下分け目のスコットランド戦の前だったが、ホテルのサウナに入ったらジェイミー・ジョセフ監督がいた。居あわせたラグビー好きの紳士がいろいろ細かい質問をしていたが嫌な顔一つせず、アスリートらしく真剣に熱く答えていてすがすがしかった。プロ野球の監督ならあれはないだろう、もうお高くとまった芸能人の部類だ。

ラグビー日本代表の給料は野球よりずっと低い。しかし彼らはそんなことは意にも介さず一途に泥くさくジャパンのために戦って強豪スコットランドを倒してしまった。日本人はこういう男たちを言わずとも涙して応援してしまうのである。かたや何億ももらってバブってる野球選手がチケット代泥棒みたいな恥ずかしい試合をくりひろげてる。日本人はこういうのを言わずとも唾棄する。僕は40年いろんな業界、企業を見てきた。こんな業界はこのままだと確実に衰退すると断言しておく。恐るべき事態だ。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

ソフトバンク、14年ぶりの4タコ優勝

2019 OCT 23 23:23:11 pm by 東 賢太郎

昨日のブログにこう書いた。

坂本は第1戦で千賀の内角攻めの末にボールくさい外角低めをストライクと判定され主審にからんだ。それを見た甲斐は同じコースにもっと低い球(当然ボール)を投げさせ、ゾーンに自信がなくなった坂本は三振を恐れて振るしかなく、ごっつぁんのショートゴロ。あそこから外角の見逃し方がおかしくなって打てなくなった』

そして彼は最後まで打てなくなった。優勝決定のシーンの空振り三振は、そういうことだ。第1戦ですでに2番坂本を完全におかしくした甲斐捕手。3番丸はすでに去年おさえこんでおんなじ攻めでオッケーだった。甲斐キャノンはなかったが、今年はリードで巨人を手玉に取った凄い捕手だ。

そしてこう書いた。

『それをはじいたサード岡本がボケだ、捕ってやれよそのぐらい。第2戦の山本とおんなじで、強いチーム相手にエラーしたらもうだめだ。こんな守備が下手クソなチームが日本一などあるわけない』

今日も山本、岡本コンビのお粗末な失態で自滅。オウンゴールであった。相手にとってあまりに不足だらけで、ホークスは勝ってもスカッとしなかったろうと同情するばかりだ。ボロカスに書いて巨人ファンの皆様には申し訳ないが、要はプロとして精進が足りないのであって、それで飯を食ってる人に温情などかける気は全くない。この程度で優勝できるセリーグとは何なのか、レベルの低さは危機的状況にある。このザマではオリンピックやWBCでのオールジャパンのクオリティにマイナス要因でしかないのではと思わざるを得ない。

菅野は良く投げた。見事なコントロールと責めっぷりでエースの投球だった。和田の右打者イン・ローの速球はプロの球だと思った。まあ見どころはそれとホークスナインによる阿部の胴上げぐらいだった。スイープ(お掃除)とはよく言ったもんで、こんなにあっけなくひとひねりの日本シリーズは人生初めてである。ホークスはCS初戦で負けてから10連勝。勝負事は結果を出したら勝ちだ。本当にスキのない強い軍団だし、いろいろ言われながらもこれだけの質とプライドの選手たちを使いこなした工藤監督はお見事としか言いようがない。ホークスファンのみなさん、堂々の日本一おめでとうございます。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

巨人弱すぎ、かんべんしてくれ

2019 OCT 23 8:08:45 am by 東 賢太郎

打てそうな気がしたのは亀井とゲレーロと阿部だけだ。ひどい。坂本は第1戦で千賀の内角攻めの末にボールくさい外角低めをストライクと判定され主審にからんだ。それを見た甲斐は同じコースにもっと低い球(当然ボール)を投げさせ、ゾーンに自信がなくなった坂本は三振を恐れて振るしかなく、ごっつぁんのショートゴロ。あそこから外角の見逃し方がおかしくなって打てなくなった。

第3戦はバンデンハークから亀井の先頭打者ホームランで気勢があがったが、そこから坂本、丸、岡本が三者連続三振でどっちらけである。そして追い討ちのように2回にグラシアルに甘い内角を一発を食らって振り出しに戻る。しかしその裏にゲレーロが2塁打を放っていい感じに押し返し、田中俊太がセンター前にはじき返した。これが抜ければ試合展開は変わったろうが、セカンドの川島が年に何回も出ないような超美技で間一髪1塁アウトである。

そして3回、その川島が打席に。巨人先発・高橋優貴からマン振りでレフトへ特大のファールを打ち込む。危なかった。川島はテンパってる。スリーボール。「こいつを乗せるとやばい、当ててもいいからインハイを責めろ!」と念じたが、情けないことに低めにタレた球で逃げまくって四球である。キミね、オトコ負けしてるよ、そんな奴は絶対勝負に勝てない。案の定、これでまた1点はいってしまうのである。

潮目が変わる。4回は高卒新人の戸郷がバントの送球をミス。それをはじいたサード岡本がボケだ、捕ってやれよそのぐらい。第2戦の山本とおんなじで、強いチーム相手にエラーしたらもうだめだ。こんな守備が下手クソなチームが日本一などあるわけない。致命的な4点が入る。9回は阿部が意地のヒットを打ったが、代走の増田がまさかの大暴走で三塁で憤死。おまえな、最終回4点差でリスクおかして三塁行ってもしょうがねえだろ。球場あぜんで一気に火が消え、大城、ゲレーロが力ない三振でゲームセット。もう笑うしかない。

巨人は被安打7だが与四球も7。この弱投を打線がカバーしないと勝ちようがないが、恥ずかしい13三振であった。スコアは6-2だが亀井の気合の2本だけだから10-0でねじ伏せられたフォール負けのイメージである。パリーグとセリーグは相撲なら幕の内と十両ぐらいの差なのかと思わざるを得ない。横綱ホークスが十両優勝のジャイアンツを電車道で押し出し、あまりにつまらないので座布団飛びまくりという感じだ。あしたは菅野だ。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

やっぱり強かった南アフリカとソフトバンク

2019 OCT 21 22:22:54 pm by 東 賢太郎

自分で野球をやっていて強いと思ったのは守備がうまいチームだ。打席に立つとスキがない感じがして圧迫感がある。野手が大きく見える。こういうチームはだいたい投手も良いから点が取れず、やがてこっちがミスして負けるというパターンだ。

昨日の日本シリーズ第2戦の巨人がそうだったろう。ホークス先発の高橋はアンダースローで打たせて取るタイプだ。巨人のメルセデスも同じタイプで5回まで両軍無安打である。こういう試合は先に守備でミスした方が劣勢になる。

7回、巨人のサード山本にエラーが出てしまう。そこで、すかさず代走に俊足の周東。1点をやれない試合展開。大竹のプレッシャーは倍増だなと思っていたら案の定、松田がスリーランをたたきこんだ。

ソフトバンクはセカンドに27才の牧原が現れ、出てきた当初のカープの菊池に似ている。これで甲斐、今宮、柳田のセンターラインが鉄壁になった。と思っていたら昨日の第二戦、1番セカンドは川島だ。左キラーとはいえ、あの牧原がレギュラーじゃないのか!すごい層の厚さだと無言のプレッシャーだ。

もうひとり。先発はグラシアルがレフト、中村がライトで打撃重視。点が入ると守備重視でグラシアルを下げる。ここで中村はレフトで、ライトに福田が入る。ということは守備も肩もいいのだ。その福田がスローカーブをセンス抜群のホームランを打ってしまう。これが控えか!強いなあとため息をつく。

いっぽうのラグビーWC南ア戦。日本はすぐにタックルで潰される。相手のモールはぐんぐん押しまくって、最後はトライを決めてしまう。どうしようもない。強い。なんかソフトバンクの圧力と似てるなあと思った。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

2019年ドラフトの目玉、奥川恭伸

2019 OCT 19 11:11:30 am by 東 賢太郎

去年のドラフト会議は根尾、藤原、小園、吉田で盛りあがった。あれからもう一年たったが、今年も佐々木、奥川という高校生の逸材がいた。

僕は好投手の投げない試合は興味ないから見ない。だから去年の甲子園は金足農業の吉田ばかり見ていて速球の伸びに惚れこんだのだが、どこか痛めたらしく相思相愛と思われた巨人が指名しなかったと聞いた。日ハムに入ったがぱっとしない。斉藤みたいにならないことを祈る。

あれだけの国民的騒動となったが、高校生で一軍でまともな場面で登場機会が与えられて成功したのは小園(広島)、戸郷(巨人)、石橋(中日)だけだ。大学・社会人まで入れても近本、木浪(阪神)、上茶谷(DeNA)、高橋優(巨人)、島内(広島)、辰巳(楽天)、東妻(ロッテ)、甲斐野(ソフトバンク)ぐらいだ。ドラフトにかかるだけでもアマ球界のトップエリートだが、それでも1割しかいない。

今年はどうだろう?佐々木は出なかったから一度も見ておらず噂のほどはわからない。160何キロだしたのは常人ではないが大谷もそういう騒ぎになって結局は故障したし、人体の極限のリスクを冒して三振とっても同じワンアウトだ。見世物として価値はあって大谷の史上最速165キロを世間は五輪の金メダルの乗りで騒いだが、僕の眼にはあれはおじぎしていてホークス吉村の空振りをとったがべつに何の感動もない美しくない球だ。佐々木は、けがを気をつけてほしい。

奥川は何試合も見たわけではないが、1試合で充分だった。夏の甲子園の星稜・智辯和歌山戦だ。炎天下の連投で疲労しており、一度足がつってベンチに下がり交代かと思った。相手のエース池田は6回ぐらいから出てきて元気だ。明らかに劣勢であり、星稜に肩入れして見ていた。さらに悪いことに池田が良くて星稜は打てず延長になってしまった。それもタイブレーク制とかいうわけのわからんもので無死1・2塁から回が始まる。もう奥川は疲弊してる、ヒット1本は仕方ないよな、それで星稜は負けだなと思って見ていた。

そこで奥川はバタバタ三振に取ってしまう。なるほどそういう手があったかと新鮮に思ったほどであり、想定もしてなかった。14回で23三振もとってしまうわけだが智辯和歌山の打線はそう簡単に空振りとれるほどヤワじゃない。もの凄いピッチャーだ。154キロ出るが球速じゃない、あそこで三振がとれるタフネスというか、それで当然でしょというマインドの強さが『ドクターX』米倉涼子の「私、失敗しないので!」だ。奥川君、顔つきはマー君に似ているがフォームはリリースで打者を見ている首の感じがマエケンに似ている。阪神の西もそうだ、だからコントロールで打者を操って手玉に取れる技がある。三人の不敵さもある。こういうのが打たれないピッチャーにはあるのである。ヤクルト高津監督の下か、手強いなあ、でも無条件で応援だ!

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

やっぱり強かった巨人とソフトバンク

2019 OCT 14 9:09:13 am by 東 賢太郎

朝から昨日の台風がなかったかのような青空だ。3時半からクライマックス・シリーズ・ファイナルステージの巨人・阪神戦を観た。

まず、おとといの第3戦のことを書いておくと、巨人楽勝で終わりと思ってたら8-7で阪神が勝ってしまった。立ち見を入れたら5万はいたかという超満員で、あっけない2連敗の上にこの日も巨人ペースであったから阪神ファンは大人しかったのだろう、はじめのうちはいるのはレフトスタンドだけかと思っていた。それが7回表の六甲おろしあたりからエンジン全開となって興奮度はすさまじくなり、いるわいるわ、我々の席の周囲からも大坂弁の強烈な怒号が飛び始める。大山の勝ち越しソロが出ると、ついにここは甲子園かという沸騰ぶりで何も聞こえなくなった。「今夜から台風に警戒」の予報だったから早く帰りたいが、そういう時に限って延長でもないのに5時間近いゲームである。8、9回をぴしゃりと、特に9回の坂本、丸、岡本をあっさり片づけた藤川の快投には快哉だ。帰りの混雑は未曽有のレベルで命からがらどっと疲れて帰宅した。

最後の打者鳥谷が倒れて巨人が優勝

台風で一日休んだこの日曜日、西投手は完封を狙ってただろう。見ていてそんな気がしたし、そうなっていたら阪神は行くところまで行ったかもしれない。それを打ち砕いたのが岡本だった。第1打席、見逃し三振にとられた144キロは目をみはった。いい投手だ。第2打席、特に悪くない外角低めスライダーを腰をためてバックスクリーンに放り込んだ。シリーズ3本目で当然のごとくMVPに選ばれた。そして同点の6回には2死3塁から球場が唖然、騒然、ベンチも驚いたというセーフティバントで1点をもぎ取った丸。倒れこんで動かなくなった西。すばらしい激突だったが巨人が強かった。負けはしたが阪神のペナントレース終盤からの勢いは凄かった。新人の近本、木浪の加入が効いていたが、特に近本はドラフトで藤原、辰巳のはずれ・はずれだから近来稀に見る野手の大当たりだ。矢野監督の積極采配もさすがは捕手で図星が多くなり、若手が多いことからも広島カープの2015年あたりの雰囲気がある。投手陣はどう見てもカープより上だ。佐々岡新監督はよほど投手を立て直さないと来年は阪神にやられるだろう。

鳥谷、阪神最後の打席

この試合、最後の最後で鳥谷が代打で登場した。結果はセカンドゴロ。阪神・鳥谷、最後の姿だった。彼を初めて見たのは2002年の明治神宮野球大会準決勝だ。3年で早大の3番ショートだった。さっき調べてみてわかったことだが、その試合の早稲田は1番・田中浩康(ヤクルト)、2番・青木(ヤクルト)、3番・鳥谷(阪神)、4番・比嘉(広島)、6番・武内(ヤクルト)、7番・由田(オリックス)、そして投手は先発が和田(ソフトバンク)、救援が越智(巨人)と錚々たるメンバーだったが東北福祉大に5-2で負けた。この日の神宮ではもうひと試合、亜細亜大vs九州国際大があって、亜細亜の永川(広島、今年引退)が11奪三振の3安打完封を演じて1-0で勝ったが、捕手で4番は横浜高で松坂と組んだ小山(中日)、サードで3番が1年生だった松田宣浩(ソフトバンク)だった。この日は息子を連れて評判だった和田を見に行ったと記憶するが不調であり、永川の快投が鮮烈で、同期で巨人に入団した木佐貫が先発だったが彼は抑えに回ったのが不満だったのを覚えてる。3年生鳥谷は4打数1安打だった。

東京ドームで途中経過で気になっていた西武ドーム。またまたソフトバンク(SB)が勝っている。公式戦の対戦成績はほぼ互角で、差が出たのはロッテをカモにしたかされたかだけだから別に不思議でない。西武の打線は脅威だがSBの中継ぎ以降は鉄壁である。打線は水物、いい投手が出てきたら手も足も出ない。いっぽうでSB打線は弱体の西武投手陣を打ちまくり、公式戦14本塁打の今宮が決めの一戦で3本も打ってしまう。松田をスタメン落ちさせるなど非情の采配に徹した工藤監督が選手全員のテンションをうまくピークにもっていった勝利かもしれない。同じく手駒を自在に動かして、丸以外は去年とさして変わらない戦力で圧勝した原監督といい勝負だ。面白い日本シリーズになりそうだ。

いっぽうで浅村、菊池雄星とエースと4番がぬけたのにリーグ優勝した辻監督の手腕も讃えたい。当然の留任だし、来年は投手力をつけて雪辱してほしい。西武の選手たちも本拠地で2年連続して2位に、しかも同じSBにやられてしまうのは男として耐え難い屈辱にちがいない。しかし平穏に終わってしまうより一敗地にまみれてマグマを溜めておいたほうがいいこともある。

 

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

広島カープを襲った6月の惨事

2019 OCT 1 22:22:22 pm by 東 賢太郎

今年のカープの敗因をあげれば、OPS両リーグ1位の丸が出て行って得点力が落ちたことが大きいと皆が指摘する。しかし、丸をとった巨人との対戦はその統計値がプラマイで2重に効いたにもかかわらず4つ勝ちこしているのだ。カープはまだ優勝チームよりは強かったのである。

ところが、それでも4位なのだ。何かがおかしくないだろうか?

それはつまり、巨人以外にたくさん負けたからだ。しかし、巨人を除くセリーグ4球団との対戦は3つ勝ちこしだ。そう、交流戦で7つ落として最下位だったツケが回ったのが原因なのだ。全6カード負けこした11位のヤクルトより下という絶不調だったのだから。

なぜか?

2019年の交流戦は6月4日~6月23日に行われた。ところが、それが始まって3日後に、こういう事件が起きていた。

広島のバティスタ選手はことし6月7日に広島市のマツダスタジアムで行われたソフトバンクとの交流戦のあとドーピング検査を受け、禁止薬物の1つ「クロミフェン」に陽性反応が出た

このことは6月時点では公表されておらず、「1軍選手登録を抹消いたします」と広島東洋カープが公式サイトに発表した8月17日まで世間は誰も知らないのである。

パリーグの恋人、広島カープ(6月20日)に僕はこう書いた。

4月は最下位独走、5月は20勝してセリーグ敵なし、そして6月はまたまた交流戦最下位を独走中である。不思議なように見えるが、実はそうではない。4月(.189)、5月(.406)、6月(.176)。これはバティスタ選手の月別の打率だ。要は、バティスタが3番で打つ➡カープは勝つ、打たない➡カープは負ける。それだけ。そして思い出していただきたい、バティスタが3番で打つ➡丸の穴が埋まる、であることを。

このブログは交流戦での信じ難いカープの失速に怒って書いたものだ。バティスタは5月に破竹の勢いで打ちまくったわけだが、5月25(東京ドーム)で巨人を木っ端みじんに潰した試合を目撃して書いたこの文章からその凄まじさを感じていただけると思う。

そして、なんといっても、原・巨人を粉砕したのは3番バティスタの2発であった。一発目、神宮とほぼ同じ場所、同じ弾道。二発目、これは全英オープンで見た全盛期のタイガーウッズのドライバーショットとしか形容のしようがない。ライナーで左翼天井近くのビールの広告看板を直撃。あれに当てた打者はいるが、打球は放物線だった。”ライナー” なんである。ああいうのを打たれるとピッチャーはどうなるんだろう。心配になる。アダメス、がんばれよ。

心配したアダメスは昨日クビが発表された。あのままバティスタが3番で1年間打ちまくったら、カープは楽勝で4連覇し緒方監督はやめる必要もなかったかなと思わないでもない。この試合の帰り道、連れにこう言ったのを覚えてる。「丸がいなくなってかえってよかった。バティスタが育ったからね」。

バティスタのドーピング検査クロというNPBの発表は8月だったが6月の交流戦中に選手の知るところとなり球団内では激震が走っていたと推察される。そこからのカープの投打にわたる信じられない失速ぶりは、6月23日のオリックス戦に憤慨して書いたこの文章でわかる。

本日の広島3-9オリックス。4月11日の再来であった。あの日は1イニング12失点。あれがあまりに凄すぎて目が慣れているが、今日の1イニング9失点だってすさまじい。オリックスはパリーグ最下位のチームだ。それに3連敗。逆に相手は初のカード3連勝、今年の日曜日の初勝利。しかも1イニング4三塁打のNPB記録まで樹立した。打たれた菊池投手を責めてはいけない。こんなに打たない打線の重圧の中で彼は貴重なリリーフをしてきている。すべては打線だ。「丸の穴」以外の何物でもない。これを狙ったジャイアンツ原監督の作戦勝ちである。地元のカープファンの皆さん、マツダで2度もこんな屈辱を味わわされて気の毒でならない。

この負けっぷりは尋常でない。昨日までぴんぴんしていたマッチョの若者が突然に病気でへろへろになってしまって救急車を呼ぼうかというぐらいの衝撃を僕は受けていた。しかし、僕らファンは真相を知らされていなかったのだ。ドーピングのドの字だって。「緒方、なにやってんだ」「はやく辞めろ」。かく言う僕も緒方采配に怒りをぶつけていたことを恥じ入るしかない。

本件はバティスタが善意、無知だったで済む問題ではない。フィールド・マネージャーである緒方の責任でもなく、管理責任者である球団のコンプライアンス上の過失であって普通の企業なら担当者は処分である。丸の流出に始まったシーズンをかような難事に全力で立ち向かった選手たちをたたえたいし、惨事の中、緒方監督は体を張って戦ったと思う。

緒方の「自分たちの野球」は戦力が充実していた3年間は横綱相撲を許容したが、2019年の戦力ではやむなくゲリラ戦が求められ、それをしないなら多少の運が必要だった。それは阪神に行ってしまい、遮二無二ゲリラを厭わず戦った矢野監督のうっちゃり勝ちとなった。6連勝の阪神は本当に強かったと思うし、勝負とはそういうものだ。

4位、1位、1位、1位、4位だった緒方監督の戦績は誇るべきものである。そして今年の疲労は尋常ではないだろう。ゆっくり休んで次に向けてチャージしたほうがいい。カープらしい野球の勝利で溜飲を下げてくれた3年間の苦労と努力に感謝し、心よりご苦労様と申し上げたい。

 

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

 

 

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

久保大樹
BUG!?
柴野大造