Sonar Members Club No.1

since September 2012

感染リスクがあることは万事「致しません」

2020 FEB 22 1:01:30 am by 東 賢太郎

去年、僕はインフルエンザにかかり1月某日に発症した。いつどこで誰に移されたんだろう?日記を調べると、心当たりがあった。その顛末でこういう目にあったのはまず間違いない(ウィルスは本当に恐ろしい)。

思えばあのころ疲れが極限に達していた。ビジネスチャンスがあったからで、そういうハイな時はインフルなど頭になくガードが甘くなる。好事多しとはこのことだ。

そこでウィルスのことを素人ながら徹底的に調べ、「体内に侵入されたら終わり」「治す薬はない」「国も医者も誰も助けてくれない」ことを学んだ。そこで1月30日に不顕性感染者2人の存在が発覚した時点で、

僕は終息宣言が出るまでは誰とも濃厚接触を避け、手すりつり革は触らず、エレベーターのボタンを押した指までもすぐアルコール消毒し、満員電車には一切乗らない

と決めた。それに限らず、ちょっとでも危ないと思ったらソンタクも非礼も何もない、問答無用で「致しません」だ。

同時に、官邸も厚労省も「致しません」だろうと予感した。1月31日に投稿したこれの後半である(不顕性感染者ありは非常に重要な情報)。書いているうちにだんだんそっちがメインになって、なんだかわかりにくいブログになってしまったが、わかる人はわかってくださっているようで安心した。

3週間たってまさにそこで心配した事態が発生しているが、自民党や厚労省を責めても仕方ないのだ、政治に関係ない現場は必死にやっておられると信じるが、もはや日本国の政治力学がそうなっているのだ。オーナーでない組織の通過体にはそんなリスクを取る気がないか、保身でできないか、したくても専門的理解がないか、それ以前に頭がないか、しない方がいい理由があるか、そのどれかだ。

 

 

 

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

Categories:______世相に思う, 健康, 新型コロナ・ウィルス

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
三遊亭歌太郎