Sonar Members Club No.1

since September 2012

広島カープ、恥辱の17三振を喫す

2021 JUN 12 1:01:05 am by 東 賢太郎

オリックス山本がいくら好投手だからってこれはひどい。同じプロとしてみっともないと思わんのか。17三振なんてのは高校野球の地区予選でもそうはないし、やられたことも見たこともない。

「3回で完全試合を意識しました」となめきられ、7回までそのとおりになった。生き物のように落ちるフォークとカーブに手も足も出ておらず、やばい、確実にやられるなと思った。

スコアは0-0だったので引き分ければ参考記録で汚名は逃れられる。とにかく相手打線をゼロに抑えろよと念じたが7回に森浦、中田が失点した。ええい、こうなれば何点取られても関係ない、延々と10個ぐらい連続四球でも出して時間かけて、山本の肩を冷やしてやれと念じた。

そうしたら3人目の高橋樹が間の抜けたストレートの四球を出して、緊張してた空気がたるんだ。よしよし、いいぞいいぞ。案の定、次の8回、先頭の鈴木誠也がセンター前にゴロで抜いて、世紀の恥辱は免れることができた。もしやられてたら1994年のミスター・パーフェクト、槙原以来27年ぶりになる所だった。しかも、その時も、やられたのは広島だったんだ。

しかし、もうひとつ恥辱があって、こっちはやられた。1試合17奪三振だ。

1試合最多奪三振記録

山本は8回投げて交代して15奪三振、9回は平野が2つ取って17だったが、ぜんぜん球威は落ちておらず代えなければ18いけたと思う。まあとにかく、やられた側から言えば史上6度目あたりの「17三振以上」という球史に残る恥ずかしいものだったわけである。

今年の交流戦はどういうわけかセリーグが強い(あるいはパリーグが弱い)。予想だにせぬ戦績で、負け越してるのは巨人と広島だけだ。そして、例年と何ら変わらない弱さなのが広島なのである。

コロナ禍があったとはいえ交流戦2勝8敗と堂々たる最下位独走である。今日はセリーグの他チームは全部勝った。DeNAは3位と好調であり、連戦連敗で始まったリーグ戦はまだ6位だが、5位広島を抜くのは時間の問題だろう。

先発投手もボロボロだが打線がひどすぎだ。ヒットは出るが長打もタイムリーも出ない。戦力で目新しいのは新人投手だけで、多少の若手の台頭はあるが外人が目も当てられない。ソフトバンクもキューバ勢が五輪で抜けて苦戦してるが、カープは元からいないのだ。かえすがえすもバティスタが消えたのが痛い。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

Categories:______広島カープ

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬