Sonar Members Club No.1

カテゴリー: ______ルロイ・アンダーソン

ルロイ・アンダーソン「トランペット吹きの子守歌」

2016 DEC 24 18:18:46 pm by 東 賢太郎

ここに書いた事情でルロイ・アンダーソンはみんなX’masの曲と思っていました。

フランク・シナトラの「ホワイト・クリスマス」

実は全然ちがうのですが、僕の中では「そりすべり」=クリスマスであって、そうなると幼時のすりこみというのはどうしようもないのであって、いまだにこれを聞くとツリーとかプレゼントとかが浮かんでしまうのです。

A Trumpeter’s Lullaby(トランペット吹きの子守歌)であります。こんな素晴らしい曲が初見で弾けるやさしさって、ある意味貴重じゃないでしょうか。そういうのがほとんどない僕にとって人類の文化遺産です。

leroy

それではみなさん、Merry Christmas!

 
Yahoo、Googleからお入りの皆様

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

 

ルロイ・アンダーソン 「そりすべり」 (Sleigh Ride)(その3)

2015 DEC 8 0:00:59 am by 東 賢太郎

LA-Photo-42シベリウスのようなシリアスな曲をききながら僕がルロイ・アンダーソンを愛好するのはどうしてかというと、どっちも和声が抜群に面白いからです。和声フェチとして、シリアスかライトミュージックかは二の次。美人に国籍なし、です。

シベリウスの和声というとあまり語られていませんが、とても興味深い。彼の楽器はヴァイオリンですが交響曲のような構造のロジックを問う音楽ではやはりピアノで思考したのかなと思います。調性が自由なように聞こえるのはドイツ音楽の視点から予定調和的でない事件が数々おきるからですが、それが元のあるべき調に帰還する- ロジックがあるとはそういうことだ- その手続きは見事に計画されています。そのプロセスに僕はピアノ的なものを見ます。

一方のルロイ・アンダーソンはというと、これはまったくもってピアノ的であって、それ以外の楽器を逆さにしても「そりすべり」の転調なんかは出てこないでしょう。ビートルズが奇矯なコード進行を見つけたといっても、それはAとかB♭といった「コード」という名のもとに色彩のくっきりした三和音という原色に固まった和音の連結が風変りだということであって、中華料理のフルコースにフランス料理の一皿が供されてあれっと思ったという風情のものである。

ところが「そりすべり」の変ロ長調(B♭)が咄嗟にホ短調(Em7)に色が変わってしまうあの増4度のマジカルな転調は、B♭の主旋律の伴奏の最初の和音がb♭-aの長7度を含むという輪郭の「ぼかし」が下敷きにあって、しかも最初の2小節だけで2度のぶつかりが5つもあるのであって、原色に混じりの入った、ギターじゃ弾けない「固まってない和音」が前座にあるから奇矯に聞こえないという裏ワザでなりたっています。

しかも楽器法もうまくて、B♭にはスレイベル(鈴のシャンシャンシャン)が入っていてEm7で突然ウッドブロック(馬のパッカパッカ)が闖入し、耳をとらえてしまいます。調がぶっ飛んだ意外感がもっと意外な音で中和されます。Em7はD(ニ長調)の前座だったことがわかると今度はDm7に変化し、それがC(ハ長調)になったと思いきや、それをB♭へ回帰させるために曲頭の前奏がE♭(変ホ長調)を背景に現れる、ここのぶっ飛びも段差がありますが、今度はグロッケンシュピールが可愛らしく闖入して、またまた転調の意外感を消してしまう。しかもEm7のところから裏に入っていたチェロの魅惑的な対旋律がずっと並行してきて意外感なくE♭へいざなってくれる。う~ん、すごい、プロの技です。

この転調、ウルトラC級でドイツ音楽にもフランス音楽にも現れないレア物であり、この曲を「歌もの」にアレンジするとホ短調部分(歌詞でいうとGiddy-yap giddy-yap のところ)がどうしても浮いてしまいます。唐突すぎてポップスとしてサマにならないのです。だからみなここだけ子供の声にしたり、その段差を正当化すべく苦労してます。このアレンジはばっさり切り捨ててしまっています。この女性の太めの声であの転調はズッコケになるとアレンジャーが諦めたのでしょう、主部を半音ずつ上げていくという単調を避ける変化球で逃げています。これはこれで味はありますし、ひとつの解決策ですね。

どうしてそうかというと、声で歌うと伴奏和音の7度のぼかしが聞こえにくいのです。だからギター風に「固まった和音」でB♭からEm7にドスンと落っこちて、階段でころんで尻餅をついたようになってしまう。一方、伴奏が良くきこえるピアノやオーケストラだと「ぼかしの7度、2度」が作用して「にごり」を作って原色イメージが和らぎ、ソフトランディングができる。要はB♭のコードが明瞭でなく、中華料理が中華中華してないのでフレンチの一皿が闖入して驚きはしても、それなりにしっくりきてしまうという風情なのです。しかし、そうはいっても奇矯な転調だから強いインパクトを残すのであって、永遠のヒット曲になっている隠し味という所でしょう。

ピアノで弾いてみるとルロイ・アンダーソンの和声はこうしたマジックに満ちていることを発見しますが、こういう「当たり前に固まった和音」に「にごり」を入れて輪郭をぼかすようなことはギターの6弦で、しかも短2度のような近接音を出しにくい構造の楽器では困難です。ピアノのキーボードの利点をフル活用した作曲であり、ドビッシーが開拓した音の調合法の末裔でしょう。ちなみにアンダーソンの先祖はスェーデン人ですが、グリーグやシベリウスら北欧の人の非ドイツ的な和声感覚に僕は魅かれるものがあります。

andersonニューヨークの楽譜屋で見つけたこの楽譜は宝ものです。アンダーソン代表作25曲のピアノソロ譜です。Almost completeというのがぜんぜんそうじゃなくって、いい加減なおおらかさがアメリカらしいが、たしかにこの25でいいかというぐらい有名曲は入ってます。「そりすべり」はチェロの美しい対旋律がなかったり2手の限界はあるのですが、弾いていると無上に楽しい。ほんとうにいい曲だなあと感服するばかりであります。

 

「そりすべり」はいろんなアレンジが百花繚乱です。気に入ったものをいくつか。

アメイジング・グレイスを歌ったニュージーランドのヘイリー・ウェステンラの歌です。伴奏のギターの和音は手抜きですが、ピッチの合った器楽的な声で転調をうまくこなしているレアなケースです。ポップス的にあまり面白くはないが絶対音感がある彼女の転調の先読みは知性を感じます。好感度大。

カーペンターズ版です。70年代のアメリカの匂いがぷんぷんしますね。カレンの歌は群を抜いてうまい。どう転調してもぴたっとキーが合ってしまう。単に表面ずらでなく、ミとシの具合まで完璧に瞬時にアジャストしてます。この凄い音感とピッチ、どこにボールが来てもミートできるイチローみたいな天性の動物的感性を思わせます。

次、カメロン・カーペンターのオルガン。このひとりオーケストラ、驚異です。

ギターです。いいテンポですね、この人、音楽レベル高いです。

前回のTake 6のアレンジ。これもすばらしい!アカペラも含めて歌バージョンで増4度のホ短調への転調を音楽的にうまくのりきっているのはヘイリー・ウェステンラとカレン・カーペンターと彼らだけでした。この6人の和声感覚は世界最高レベルの洗練をみせています。

最後にアメリカ海兵隊バンド (The President’s Own United States Marine Chamber Orchestra)。うまい!やっぱりこれだ。ウィーン・フォルクス・オーパーのヨハン・シュトラウスです、参りました。

(こちらもどうぞ)

 

ルロイ・アンダーソン 「トランペット吹きの休日」 (Leroy Anderson: Bugler’s Holiday)

ルロイ・アンダーソン 「そりすべり」 (Sleigh Ride)

ルロイ・アンダーソン「そりすべり」 (Sleigh Ride)(その2)

 

クラシック徒然草-冬に聴きたいクラシック-

2014 NOV 16 23:23:26 pm by 東 賢太郎

冬の音楽を考えながら、子供のころの真冬の景色を思い出していた。あの頃はずいぶん寒かった。泥道の水たまりはかちかちに凍ってつるつる滑った。それを石で割って遊ぶと手がしもやけでかゆくなった。団地の敷地に多摩川の土手から下りてきて、もうすっかり忘れていたが、そこがあたり一面の銀世界になっていて足がずぶずぶと雪に埋もれて歩けない。目をつぶっていたら、なんの前ぶれもなく突然に、そんな情景がありありとよみがえった。

ヨーロッパの冬は暗くて寒い。それをじっと耐えて春の喜びを待つ、その歓喜が名曲を生む。夏は日本みたいにむし暑くはなく、台風も来ない。楽しいヴァケイションの季節だ。そして収穫の秋がすぎてどんどん日が短くなる頃の寂しさは、それも芸術を生む。 ドイツでオクトーバー・フェストがありフランスでボジョレ・ヌーボーが出てくる。10-11月をこえるともう一気にクリスマス・モードだ。アメリカのクリスマスはそこらじゅうからL・アンダーソンの「そりすべり」がきこえてくるが、欧州は少しムードが違う。

思い出すのは家族を連れて出かけたにニュルンベルグだ。大変なにぎわいの巨大なクリスマス市場が有名で、ツリーの飾りをたくさん買ってソーセージ片手に熱々のグリューワインを一杯やり、地球儀なんかを子供たちに隠れて買った。当時はまだサンタさんが来ていたのだ。そこで観たわけではないのだがその思い出が強くてワーグナーの「ニュルンベルグの名歌手」は冬、バイロイト音楽祭で聴いたタンホイザーは夏、ヴィースバーデンのチクルスで聴いたリングは初夏という感覚になってしまった。

クリスマスの音楽で有名なのはヘンデルのオラトリオ「メサイア」だ。この曲はしかし、受難週に演奏しようと作曲され実際にダブリンで初演されたのは4月だ。クリスマスの曲ではなかった。内容がキリストの生誕、受難、復活だから時代を経てクリスマスものになったわけだが、そういうえばキリストの誕生日はわかっておらず、後から12月25日となったらしい。どうせなら一年で一番寒くて暗い頃にしておいてパーッと明るく祝おうという意図だったともきく。メサイアの明るさはそれにもってこいだ。となると、ドカンと騒いで一年をリセットする忘年会のノリで第九をきく我が国の風習も捨てたものではない。メサイアの成功を意識して書かれた、ハイドンのオラトリオ「天地創造」も冬の定番だ。

チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」、フンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」はどちらも年末のオペラハウスで子供連れの定番で、フランクフルトでは毎年2人の娘を連れてヴィースバーデンまで聴きに行った懐かしの曲でもある。2005年末のウィーンでも両方きいたが、家族連れに混じっておじさん一人というのはもの悲しさがあった。ウイーンというと大晦日の国立歌劇場のJ・シュトラウスのオペレッタ「こうもり」から翌日元旦のューイヤー・コンサートになだれこむのが最高の贅沢だ。1996-7年、零下20度の厳寒の冬に経験させていただいたが、音楽と美食が一脈通ずるものがあると気づいたのはその時だ。

さて、音楽そのものが冬であるものというとそんなにはない。まず何よりシベリウスの交響詩「タピオラ」作品112だ。氷原に粉吹雪が舞う凍てつくような音楽である。同じくシベリウスの交響曲第3、4、5、6、7番はどれもいい。これぞ冬の音楽だ。僕はあんまり詩心がないので共感は薄いがシューベルトの歌曲「冬の旅」は男の心の冬である。チャイコフスキーの交響曲第1番ト短調作品13「冬の日の幻想」、26歳の若書きだが僕は好きで時々きいている。

次に、特に理由はないがなぜかこの時期になるとよくきく曲ということでご紹介したい。バルトーク「ヴァイオリン協奏曲第2番」プロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」がある。どちらも音の肌触りが冬だ。ラヴェルの「マ・メール・ロワ」も初めてブーレーズ盤LPを買ったのが12月で寒い中よくきいたせいかもしれないが音の冷んやり感がこの時期だ。そしてモーツァルトのレクイエムを筆頭とする宗教曲の数々はこの時期の僕の定番だ。いまはある理由があってそれをやめているが。

そうして最後に、昔に両親が好きで家の中でよくかかっていたダークダックスの歌う山田耕筰「ペチカ」と中田喜直「雪の降る町を」が僕の冬の音楽の掉尾を飾るにふさわしい。寒い寒い日でも家の中はいつもあったかかった。実はさっき、これをきいていて子供のころの雪の日の情景がよみがえっだのだ。

 

Yahoo、Googleからお入りの皆様。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

 

 

クラシック徒然草-小澤征爾さんの思い出-

2014 JAN 20 17:17:36 pm by 東 賢太郎

大学4年だった僕は半分遊び、半分英語の勉強でアメリカは東部のカナダに近くにあるバッファロー大学の夏季講習に参加した。別に何のためということもなく、最後の夏休みだしまったくの好奇心だった。ちょうどそのころ50をこえて外国銀行へ出た親父に英語だけはやっておけと口酸っぱく言われたのも影響したと思う。1か月ぐらいいたアメリカは楽しかった。渡米は2回目だったが最初は西海岸を車で1700km突っ走る無鉄砲旅行だけであり、東海岸、特にニューヨークへ行ってアメリカの大学を見てみたかった。その後にペンシルバニア大学で修士号を取ることになるなど夢にも思っていなかったが、この時にすでにそういう思いがあったから野村證券が企業派遣留学生に選んでくれたと思う。この時何も聞かずにポンと金を出してくれた親父のおかげだ。思えば他愛のない英語の授業をうけていたわけだが、まがりなりにも学生証をもらって米国の大学にいるというだけで気分がうきうきした。時間が無限のようにあったのだ、あの頃は。

今は知らないが当時の東大法学部生でそんなのに一人で参加する奴はまずいなかった。だからアメリカに興味を持ったあたりから僕はあそこの卒業生としては異色の道に進む定めになったと思う。学外の人と接することもあまりなかったので20人ぐらいいた他校生からは珍重はされるが敬遠もされるものだということを初めて知り、こちらから進んで飲みニュケーションに徹して仲良くしてもらった。こんなことでも証券業界に入るとやっておいてよかったと思えるようになる。みんなでナイヤガラの滝からトロントへ行ったり、ボストン、ニューヨークへも旅行した。もうすっかり溶け込んでいた。エンパイアステートビルやロックフェラーセンタービルに上ったのはそれが初めてだ。すべてがカルチャーショックだ。こんなのと戦争しちゃあいかん、凄いなあと思った。

ボストン郊外のタングルウッドでは小澤征爾さんとボストン交響楽団を聴いた。いま日経新聞で私の履歴書を連載されている。好きなことにものおじせず挑戦して勝ち抜かれた姿は実にすがすがしい。スクーターでやってきた何の実績もない日本人の若僧がブザンソン・コンクールで優勝してしまうのもすごいが、それをちゃんと認める欧米人もいいなと思う。それが誰か?ではなく能力だけを別個に評価する。実力はどうか?よりもそれが誰かを先に見てしまう日本とは大違いだ。日本が一番ダメなのはそれである。まじめに努力してどうしてもやりたいやらせろと言う若者に対して、日本はともかく、世界の門戸は開かれているのだということを教えてくれる。彼は英語もできずpieをパイとも読めずに外国へ飛び出していったのだ。もういいトシの僕ですらいま勇気をいただいているところだ。若い人は是が非でも小澤さんの私の履歴書を読むべきである。

さて、タングルウッドだ。ここは野外音楽堂でボストンSOがサマーコンサートをやっている。ボストン・ポップスという名でやっている。ちなみに「そりすべり」のルロイ・アンダーソンもそれを振っていた。その後継者が僕がクラシック入門したレコードの指揮者アーサー・フィードラーだ。だから一度は行ってみたい憧れの場所だったのだが何せ野外だから音響は良いはずもなく、こういうところでクラシック音楽をやってしまうのがいかにもアメリカだと思った。でもみんな寝っころがったりそれぞれの格好で楽しんでいる。何はともあれ音楽が好きな人たちが集まっているのはよくわかり、やがて気持ちよくその一員になった。曲目は後半が何だったか忘れたが、前半にチェコの名ピアニスト、ルドルフ・フィルクシュニーが出てきてモーツァルトの協奏曲24番をやった。フィルクシュニーは亡くなったが今でもCDを見つければ全部買うぐらい大好きなピアニストである。24番も当時から好きな曲であり嬉しかったが、どういうわけかピアノのキーがひとつおかしな音を出して、残念ながらそれが気になってしまうともう楽しめなかった。

小澤征爾さんを見かけたのは、その1か月が終わってボストンから日本へ帰る飛行機の中だった。トイレに立ったら通路側の座席によく似た人がいて、本を開いたまま眠っていた。エコノミークラスだしラフな格好だったのでまさかと思ったが、Tシャツに大きくBoston Symphony Orchestraと書いてあった。それで目を覚まされたときにおそるおそる話しかけてみたら、小澤さんだった。何を話したかよく覚えていないが、自己紹介したところこっちに来てみてどんなだったと逆にいろいろ聞かれた。音楽のことはあまり話さず先日のコンサートのこと、東京ではドヴォルジャック(そう発音された)のスターバト・マーテルをやる予定であれは有名でないがいい曲ですよなどだ。英語の辞書にサインをいただいた。それだけのことだが、23歳だった僕にとっては人生で初めてお話をさせていただいたビッグネームであり、偉いかたは謙虚なんだと心に焼きついた。結局その1か月何を特別にしたわけでもないが、若いときの外国の経験というのは学校の勉強より後々に残ると今になって思う。勉強はほったらかしだった劣等生のいいわけだが。

 

 

ルロイ・アンダーソン「トランペット吹きの休日」 (Leroy Anderson: Bugler’s Holiday)

2013 DEC 1 21:21:11 pm by 東 賢太郎

次もルロイ・アンダーソンの名曲、Bugler’s Holidayです。bugle(ビューグル)は角笛、ラッパの意味でbuglerはラッパ吹きですね。日本語では「トランペット吹きの休日」となっていますが「ラッパ吹きの休日」ともいいます。

米国陸軍師団バンドのトランペット・セクションの演奏です。女性もいてアメリカですね。

負けてるわけにはいかないのでこれも聴きましょう。わが海上自衛隊東京音楽隊です。これもカッコいい!

本来は弦楽器入りです。

いい曲です。小さいころの運動会を思い出しますね。

 

ガーシュイン 「パリのアメリカ人」

ルロイ・アンダーソン「そりすべり」 (Sleigh Ride)(その2)

2013 NOV 30 10:10:08 am by 東 賢太郎

そろそろこの曲の季節になってきましたね。Winter is coming. It’s now time to listen to this tune.

お借りしたのはアンダーソンの自作自演盤です。きびきびしたテンポです。ひずめのぱっかぱっかが入るところは前回のブログで書いた調の変わるところです。コミカルでいて実にマジカルな転調であります。その部分のピアノソロ譜です。This is conducted by Leroy Anderson himself.

anderson

 

この名曲、奥が深い。ああこうやってもいいなあというのもあります。僕はこの演奏がとても気に入っていてときどき聴かせていただいてます。This great piece attracts many performers.

どの大人のよりいいです。This is my favorite!

 

(つぎはこちらへ)

ルロイ・アンダーソン 「そりすべり」 (Sleigh Ride)(その3)

ルロイ・アンダーソン 「そりすべり」 (Sleigh Ride)

2012 NOV 16 11:11:48 am by 東 賢太郎

クリスマスがやってくるとそこいら中でこれが聴こえてくる。

この「そりすべり」(Sleigh Ride) を知らない人は少ないだろう。そして聴いたことがあるのに作曲者の名前が出てこない筆頭がルロイ・アンダーソンだそうである。

子供のころこれが家でかかっていた。昭和23年にできた曲だから当時「現代音楽」だったはず。どうしてそんなレコードがあったのかわからないが、今も僕は大好きである。古き良きアメリカがどんなものか知らないが、僕はこの音楽を通してこんなものかなあと想像している。心の底から明るく、楽しく、幸せにしてくれる。それがルロイ・アンダーソンの名曲たちである。

米国作曲家作詞家出版社協会(ASCAP)は2009と2010年の「最も人気のあるクリスマスソング」にこの「そりすべり」を選んでいる。Mediaguide社によると、「そりすべり」の自作自演盤は米国で2009年に118,918回、2010年に174,758回ラジオでオンエアされ、ホリデーソングとして2年連続最多放送記録を誇る。1日平均478回アメリカのどこかで鳴っていたというのだからもう国歌といって過言でない。アンダーソンは「アメリカのヨハン・シュトラウス」と言われるが「美しく青きドナウ」もここまでは演奏されないだろう。

その演奏がこの写真のi-tune(1050円)に入っている。それ以外の有名曲を含めで25曲入っているので特用盤といえると思う。だいたい代表作はそろっており、この2曲以外にもご存知のメロディーがめじろ押しだろう。1曲の演奏時間は3分前後でほぼポップスなみであり、ライトクラシックスと呼ばれるジャンルに入る。ちなみに「そりすべり」はクリスマス用に作ったものでも真冬に作ったものでもない。7月のコネチカットで作曲されている。

ルロイ・アンダーソンはハーバード大学の言語学博士で、音楽でも修士号を取っている。タイプライターやら紙やすりやら、「そりすべり」の最後には馬のいななきまで出てくるが、それらが下品にならず、一方でクラシックにつきものの深刻さはかけらもない。だいたいA-B-Aの3部形式で書かれているのもポップスだが、B(サビ)の部分に実におしゃれな和声変化があったりしてただ者ではない。

たとえば「そりすべり」はA-B-A-C-A-B-Aという複合3部形式なっていて主調(A)が変ロ長調だがBは突然にバスが遠い増4度下のホ短調に予想外の転調をする。ギターのコードで示すとB♭→Em7→A→Dmaj7となる。これがまた全音下がって同じ道をたどり、Dm7→G→Cmaj7ときてE♭→Fを経て主調B♭へ戻る。これはビートルズの If I fell なみの強引さなのだがいささかも不自然に聞こえない。それどころかチェロの内声部の動きなど実に実に魅力的であり、ほかの作曲家に聴いたことのない独特の味をもっている。こういう隠し味がふんだんに盛り込まれているので永遠のヒット曲になっていると思う。3分で終わってしまう音楽が「クラシック音楽」になるにはそれなりの秘密がある。

書きだすときりがないが、「トランペット吹きの休日」(Bugler’s Holiday)もほとんどの方がご存じだろう。これは昭和29年の作である。運動会の曲だと思っていた方もおられるかもしれない。たしか昭和30-40年のころ車のCMに使われていた記憶がうっすらあるが何社か忘れてしまった(ご存知の方、ご教示ください)。

さて演奏だが、今もってこのルロイ・アンダーソン自身の指揮を上回るものがない。この確信に満ちた弾むようなテンポとフレージングを知ってしまうとほかの指揮者のものは(録音もオケの腕前もベターなのだが)全然物足りない。作曲家の自演がいつもいいとは限らない。むしろ逆のほうが多いからこれは例外的ともいえる。しかし耳を肥やすためにこれと比較して聴いていただきたい秀演盤をあげておく。

モーリス・アブラヴァネル/ユタ交響楽団

「そりすべり」のテンポが遅い。自演盤の活気あるドライブ感はかけらもなくなっているがよりクラシック的な完成度は高い。大交響楽団による正攻法の名演。名曲というのはいろいろなアプローチを許容してしまうのである。オケはうまいしツボを心得ているのでセカンドアルバムとして持っていてもいい。

フレデリック・フェネル/イーストマン=ロチェスター・ポップス・オーケストラ

「そりすべり」のテンポは自演盤に近く録音はとてもいい。フェネルはウインド・アンサンブル指揮の第一人者でありこの演奏も管楽器の「句読点」の明確さがすばらしい。ちょっとNHKのアナウンサーの発音を聞いているような感じで、曲によってはあざとさが耳につくが、初めての人、クラシック入門者が曲の輪郭をつかむには好適。2枚でだいたいの名曲はそろう。キャロルの組曲なども入っていて、アメリカのクリスマスの雰囲気も味わえるからおすすめである。

 

 

 

 

こちらもどうぞ

ルロイ・アンダーソン「そりすべり」 (Sleigh Ride)(その2)

ルロイ・アンダーソン 「そりすべり」 (Sleigh Ride)(その3)

ルロイ・アンダーソン 「トランペット吹きの休日」 (Leroy Anderson: Bugler’s Holiday)

 

 

 

 

 

お知らせ

Yahoo、Googleからお入りの皆様。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/
をクリックして下さい。

 

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

木ノ内輝
松上一平
福井利佐