Sonar Members Club No.1

since September 2012

マイケル・フリンが突如辞任

これはトランプ・安倍会談の直前に書いたもの。

このシナリオでうまくいくはずだった、そうしたらマイケル・フリンが突如辞任してしまった。民間人の外交政策関与を禁止する法律に違反。これはまずい。フリン氏が有能だ無能だどうのではなく、嘘をついて盗聴でばれて法律違反だった、これは即死である。ウソはFBIに訴追される可能性がある。トランプが知っていたかどうかが論点になると非常にまずい。

ロシアが弱みを云々はマスコミのおためごかしだ。米マスコミはトランプを引きずり下ろしたい。日本の大多数のマスコミはその受け売りだから同じ路線で非難する。ハニートラップなんかどうでもいい、大統領執務室でセックスしてもクビにならない国だ。

ねらいは法律違反、これである。

フリンが法律を知らなかったとも思えないが、盗聴は知らなかったから嘘をついている。元国防情報局長官とは信じがたいわきの甘さだが、こういう人が要職を占める政権だとするとそこから足をすくおうと策を練ってくる可能性が高い。個人的にはファミリー、側近が火元の経済法規違反が危ないと思料。この世界、これが狙われるだろう。

トランプ・ラリーで彼の一言で為替も株価も何%も動く。twitterの言語分析でアルゴリズムを組めば彼のつぶやきで儲けられると思う連中も出てくるだろう、しかしもっと危ないのは彼の「寝言」をきいてしまうこと。夜中の3時にフリンに「ドル高とドル安と、米国にいいのはどっちだ?」なんて質問をしたらしい。フリンは専門外なのでと答えなかったらしいが。

それにしても北朝鮮の暗殺事件といい奇怪である。経済がシュリンクすると民は飢え、政権は自己保身衝動に走る。中国が富を吸い取ったので世界中の国でそれがおきる。しかもこれからもっと激しく。ロシアは事実上独裁、フィリピン、北朝鮮もそう、中国自身はわからない、だから自己保身の方法は違う。もうジョークでなく、殺っちまえがあるし米国もお得意だ。

トランプが一発中国にパンチをかますことは期待できなくなってきたかもしれない。中国は外憂を演じて延命を図るだろう。すると、大変まずいのは日本だ。

 
Yahoo、Googleからお入りの皆様

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

 

    2 comments already | Leave your own comment

  1. トム 市原

    2/16/2017 | 11:42 PM Permalink

    東さま
    アメリカでは公的な人間が嘘をつくと重罪犯罪になりますね。
    かって渡辺美智雄が野党から「選挙の公約はどうした、嘘をついている」と言われ「毛針に釣れられる国民が悪い、それなりの国民にそれなりの国である」誠に言い得て妙です。
    北朝鮮の事件はありうることです。
    プーチン政権も同じような事がありましたね、
    数年前に政敵が放射性物質を盛られたがプーチンが関与していたにもかかわらず、追求されなかった、昨年も一人が犠牲になった。
    人の命ははかないものですね。
     こういう人達を相手に渡り合うのは安倍の坊ちゃんは大変ですよね。

    Respond to this comment

  2. 東 賢太郎

    2/17/2017 | 12:36 AM Permalink

    市原さん、そうですね、政権の自己保身衝動の殺人は独裁のトレードマークでナチスはいうに及ばずシリアも何万人も処刑していると聞きます。だから三権分立があるのですが暗殺とテロはどうしようもないです。トランプは過度に司法を叩くと危険と思います。お姉さんが裁判官だから限度は知ってのことと思いますが。

    Respond to this comment

  3. Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *


    *


    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>