Sonar Members Club No.1

since September 2012

サブローから学ぶプロ野球

2018 JUL 23 0:00:01 am by 東 賢太郎

ロッテのサブローさんとは会食して以来仲が良く、メールのやり取りをしている。彼は非常に熱心であり、メジャーの視察に行ったり、ノンプロ、高校野球も注目選手をよく観ている。いろいろ質問させていただいているが、プロとこれだけ深くコミュニケーションできるというのはとても勉強になる。

どういう子がプロで大成するかという分析に彼は関心がありそうだが、たまたまそこはこっちも守備範囲だ。セイバーメトリックスもきっちり勉強したくご本家の米国の本を2冊買った。表面的な統計値でなく、条件付けを細分化したそれを集めてビッグデータにしたら面白そうだ。これは息子を巻き込んでやりたい。

サブローの打撃理論は素人が聞いても理にかなっていると思う。野球としては経験不足でよくわからずゴルフに置き換えて聞くしかないが、レベルスイングで面でとらえて接触時間を長くというのはアイアンショットと似る。「スイングが速いけどゆっくりに見える」という極意はわかったようでわからない。達人の域というのは何事も深いものだ。

彼は西武時代の全盛期だった松坂大輔を「得意でした」というほど打っており、「じゃあ今の巨人の菅野は、あのストレート?」ときくと、「打てると思います」とこともなげに答える人だ。いいと思う打者は?ときくとDeNAの梶谷選手だった。う~ん、なかなかわからない。

さてこのところ、そういうわけで実に子細にNPBを見ているが、昨日までの3連戦、カープは巨人を3タテだ。強い。丸が最高だ。来年いなくなるのか?残ってくれよ。まあ細かいことはともかく、負けを覚悟した窮地で意外なサヨナラ本塁打が出るわ6点差をひっくり返すわで、菅野も山口も今村も打ったというよりパワーで粉砕した感じだ。この時に広島でという、ここぞの活躍を見せた選手たちに拍手を送りたい。

ロッテは分が悪かったオリックスを3タテして、とりあえずソフトバンクを抜いて3位に躍り出た。ロッテの選手についてはいろいろ笑える内輪話をきいてしまったから観戦が楽しくなって息子と毎日TVで見ている。先日はサブローに「ほんとにバントが下手だね」と苦言を申し上げたがこのところそういうこともなく、井口監督のもと一丸となって気合がみなぎっている。すばらしい。

これからサブローがやっている幕張ボーイズも訪問するし、2千本安打にあと15本の福浦選手も会いたいし、大好きなプロ野球について学ばせていただいて人脈を広げたいと考えている。

ソナー・メンバーズ・クラブのHPは http://sonarmc.com/wordpress/ をクリックして下さい。

Categories:______プロ野球

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

小林未郁
池田俊彦
島口哲朗