Sonar Members Club No.1

since September 2012

東大3割が辞退

2012 OCT 4 0:00:54 am by 東 賢太郎

新設した東京大学秋期入学の、海外学生の話です。まあそうだろうなと思います。グローバル・ランキング30位程度の大学だし日本の教育そのものが人気なくなっているし。入学時期を秋にしてそれがグローバル化だと信じてるところがそもそもグローバルでないし。

あえて天に唾しますが、日本の大学というのは入ってしまえば楽勝です。アメリカは入ってからが修羅場です。しかも学期の最後に「学生による先生評価」がある。ただでさえPublish or perish(論文を書くかやめるか)と迫られているのに、学生に受けが悪くてもクビになる。人気の先生は高給で奪い合いになる。日本だと予備校のほうがずっとこれに近い。

だから米国は先生も必死です。学生は顧客です。TVで見る限りハーバードのサンデル先生は顧客のハートをとらえるのがうまい。マーケティングとして。それを白熱教室とかNHKが国を挙げて礼賛してくれるのだからさぞかしおいしいだろう。あんなのは全然フツーの授業です。安田講堂を使わせるのはみっともないからやめたほうがいい。野村証券が自社講堂をゴールドマンに貸しますか?だから顧客まで取られるんです。ビジネスの常識でしょう。申しわけないが東大の先生にはマーケティング感覚がない。学生評価をやった方がいいんじゃないか。それこそグローバル化です。

 

東大で人気の経済学講義

(補遺)

海外でThe University of Tokyoといってもだいたいがあっそうで終わりだ。日本居住歴があるか日本関係ビジネスが長い外人なら知ってるが、その場合は「トーダイ」と覚えてることが多い。

 

 

 

Categories:______世相に思う, 徒然に, 若者に教えたいこと

▲TOPへ戻る

厳選動画のご紹介

SMCはこれからの人達を応援します。
様々な才能を動画にアップするNEXTYLEと提携して紹介しています。

たむらあやこ
久保大樹
深田崇敬